宇宙飛行士界に見る、30代から「伸びる人」

世界一厳しい選抜試験で、選ばれる人とは?

新しい訓練を自ら開拓していると言えば、野口聡一宇宙飛行士だ。

自ら新しい訓練を開拓する、野口聡一飛行士
出展:JAXA

「日本で、“機長”としての航空機操縦訓練をやりたいと提案してきたんです。NASAの操縦訓練では日本人宇宙飛行士はどうしても機長席に座らせてもらえず、船長の指示に従う訓練しかできない。船長として飛行機を操縦できる訓練をしましょうと」(山口)。

この提案にほかの日本人宇宙飛行士も賛同。野口飛行士は、機長資格で操縦訓練を行う日本人宇宙飛行士第1号になった。この操縦訓練では、NASA訓練では経験できない飛行プラン、トラブル対処、離着陸の決定権を日本人飛行士が持つことができる。「それは船長として必要な技量。おそらく野口は次の宇宙飛行でコマンダーになりたいと目指しているのでしょう」と山口は言う。

宇宙飛行士が「化ける」瞬間

こうして宇宙飛行士は、資質を磨き能力を開花させ、活躍できる宇宙飛行士に“育って”いく。

長年、宇宙飛行士たちを取材している筆者は、選抜試験を経て選ばれた記者会見からその成長を見ていると、ある時、内側から宇宙飛行士オーラが出て突然、「化ける瞬間」があるように思う。たとえば前回紹介した星出飛行士は、2回目の宇宙飛行を終えて、心身共に見違えるほどたくましくなったように感じた。

筆者は、星出飛行士も経験を積む中で大きく「化けた」一人だと感じる
出展:JAXA

山口さんは化ける理由をこう話す。「自分ひとりの力では限界がある。多くの支えがあって宇宙に行けるのだと、頭でなく、心で理解した瞬間に『本当の宇宙飛行士になる』のだと思います」。

世界一厳しい選抜で選ばれた日本人宇宙飛行士も、訓練初期はついていくのが精いっぱいで、周りを見る余裕がない。でも「訓練で行き詰まって自分一人でどうにもならないとき、インストラクターが親身にアドバイスしてくれたり、宇宙に行ってから管制官やエンジニアたちが自分の作業のために寝ないで手順書を書いてくれたり。そうして支えてくれる周囲の人たちの努力や苦しみがみえたとき、その期待に応えたいと心から思うようになるんです」。

確かに、人は「自分のため」という理由だけでは頑張れないのかもしれない。チームの支えに感謝し、その気持ちに報いようと頑張り、力をふりしぼる。そのときはじめて、人は内在していた能力を爆発的に開花させ、「化ける」ことができるのだろう。(=敬称略=)

(撮影:山内信也)
 

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナ後を生き抜く
  • 最強組織のつくり方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT