世界最高のストレス環境?宇宙船サバイバル

”宇宙医師”が語る、ストレス対策

狭い宇宙船の中で長期間、多国籍メンバーで密集して暮らすストレスはハンパ無い(出典:NASA)

現代社会、特に会社組織はストレスにあふれ、それを感じずに生きるのは難しい。ではいったい、ストレスとどのように向き合っていけばいいのか。

そのヒントが宇宙にある。国際宇宙ステーション(ISS)はさまざまなストレスがかかる「最高級」のストレス環境だ。にもかかわらず、宇宙飛行士たちは、約6カ月のもの間、宇宙空間で生活し仕事をしている。実際、宇宙飛行士達を見ていると打たれ強く、オンとオフの切り替えも見事。きっとストレスマネジメントの「ノウハウ」があるに違いない。

そのノウハウを熟知するのが、「宇宙医学専門医(フライト・サージャン)」と呼ばれる人たちである。フライト・サージャンの仕事は、宇宙飛行士の選抜、養成、健康管理を行うこと。国際会議のひとつである多数者間宇宙医学委員会で認定を受けなければならず、その数は経験者を含めても日本国内では10人ほどしか居ない。彼らを束ねるのが、JAXAの総括医長である緒方克彦さんだ。

そもそも、宇宙飛行士はISSでどんなストレスにさらされているのか。

「まず身体的ストレスについて言うと、代表的なものに微小重力、高い放射線環境の2つがあります。さらに騒音や振動、ISSが地球の周りを90分で1周するため、約45分ごとにくるくる入れ替わる昼と夜。細かい点では、地上のように重力に従って身体から自然に離れていくわけではないため、トイレだってストレスのひとつになりえます。

そして精神的ストレス。ISSは”閉鎖型環境”であり、定められた場所に居続けなければならない。しかも約6カ月もの長期間に及ぶ。任務の達成やこれらの特殊環境を精神的ストレスの縦軸とすれば、人間関係は横軸のストレスと言えるでしょう。」と緒方医師は説明する。

窓の外は無限に広がる宇宙。だがそこは生身の体では生きられない「死の世界」であり、容易に出ることはできない。同じメンバーで24時間、長期間を過ごす。気分転換で飲みにも行けず、気持ちの逃げ場がない。

「ISSでは、2009年ごろから米国やロシア、日本など15カ国の多国籍の宇宙飛行士で一緒にする仕事も増え、交流が活発になってきた。それに伴って言葉、文化、モノの価値観が違うことから起こる”異文化間ストレス”が以前より増してきたのです」。

次ページストレス耐性のある人の特徴
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 買わない生活
  • インフレが日本を救う
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ホンダ「インテグラ」復活が日本で話題になる訳
ホンダ「インテグラ」復活が日本で話題になる訳
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
空き家にさせない!<br>実家のしまい方

少子高齢化や核家族化、過疎化で今や7戸に1戸が空き家に。放置された実家はもはや相続したくない迷惑資産。売るか、貸すか、それとも活用するか。実家の片付けから空き家の再生まで幅広く取り上げ、対策例をご紹介します。

東洋経済education×ICT