世界最高のストレス環境?宇宙船サバイバル

”宇宙医師”が語る、ストレス対策

「チームワークの機会が増えれば、ストレスは当然増える。そもそも宇宙飛行士にとってストレスは克服できないものでなく、『乗り越えるべきもの』です。」

いったいどういうことだろう? 

ストレス耐性のある人=「ハンドルの遊びがある人」

「乗り越えられるもの」として緒方医師が例に出したのは、冒頭に挙げた微小重力だ。宇宙飛行の初期時代には大変なストレスであり、微小重力環境にさらされることで宇宙飛行士の筋力は衰え、骨量は減少した。だが原因を特定し、運動や投薬などの対策を施すことで、「今や宇宙飛行前より筋力や骨量を増やし、力強くなって帰ってくる宇宙飛行士もいるほど」だと。そして精神的ストレスもそれと同じだと言うのだ。

緒方医師

では具体的にどのように「乗り越える」のか。

そもそも宇宙飛行士の場合、最初の選抜の段階で、なるべく「ストレス耐性」の強い人を選んでいる。ここで選ばれる人とは、たとえばストレスへの対処法(コーピングスタイル)を柔軟に持てる人だという。

「ストレスへの対処法には、正面から立ち向かう、避けようとする、楽しいことをして時間が過ぎることを待つなど、さまざまな対処の仕方があります。理想的なのは、困難に立ち向かっていけるけれど、一つひとつまじめに対応しすぎるのでなく、ある程度はしのいで全体として過ごしていけること。『ハンドルの遊びがあるような人』ですね」。

人間はデジタル機器ではない。10度動かしたとき、きっちり10度動くような人は摩擦を起こしやすい。多少揺れても、アウトプットに響かないような「ゆとり」があるほうがいい。そういえば、JAXAで古川飛行士の訓練公開が行われたとき、教官が解説している途中に壁のパネルが突然落ちて場に緊張が走った。すかさず「微小重力の宇宙ならこんなことないですけどね」と古川さんがえびす顔で笑うと、一瞬で空気が和らいだ。ストレスがかかるときこそ笑いに変え、心に余裕を生み出す術を持っているのだ。

自分の弱点がどこにあるかを知る

一方、訓練によって鍛えられる「ストレス耐性」もある最近、ISS参加国は屋内外でのチームワーク訓練に力を入れている。

例えばヨーロッパ宇宙機関は2011年からCAVESといわれる洞穴でのサバイバル訓練を新たに始めた。外の世界から隔離され太陽の光が差し込まない洞窟に多国籍の宇宙飛行士チームが入り、精神的負荷を与えられる。「事前に予断を与えないために、われわれフライト・サージャンにも内容は教えられません。何か事故が起こったときにだけフライト・サージャン間のホットラインで連絡が来ることになっています」。

次ページ弱点を「拾い集める」
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 僕/私たちの婚活は今日も終わらない
  • ドラの視点
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ニセコ 熱狂リゾートの実像<br>開発に翻弄される小さな北の町

「パウダースノー」を求め、北海道のニセコに殺到する外国人客。その数は住民約2万人の14倍にも及びます。観光ばかりでなく、別荘が建ち不動産投資も活発化しましたが、地価高騰やインフラ整備負担による財政圧迫の問題も出ています。活況と苦悩の両面に迫りました。