「傘の持ち方」で周囲をイラつかせる人の盲点

梅雨時に押えたい靴選びのコツと傘のマナー

ビジネスマンが梅雨時に押さえておきたい傘のマナーや靴の選び方 (撮影:今井康一)

梅雨真っ盛り。毎日じとじとと湿っぽいだけではなく、最近は突然降り出すゲリラ豪雨も多い。外回りが多い人のみならず、多くのビジネスマンにとって、おっくうなシーズンだといえるだろう。

さらに、アタマを悩ませるのが、そんな雨の日の" 装い" ではないだろうか。学生の頃なら「ザ・ノース・フェイスのアノラック(パーカ)に、ダナーのワークブーツで行けば、雨対策は完璧ダナ―」ということができた。もちろん、社会人になってもこうした格好で会社に行ける人はそれでいい。

ビジネススタイルになじむ「雨対策」とは?

この連載の一覧はコチラ

​ただ、スーツやジャケパン、ポロシャツにスラックスという、ビジネススタイルで出勤したり、取引先に出向いたりする人は、そういうわけにはいかない。スーツの装いにふさわしい雨対策をしたいものだ。

しかし、靴は何を履けばいいのか? 傘はどんなものをどう持てばいいのか? 鞄やスーツが濡れたならその対処法は――。いろいろ悩むことが多いので、今回はビジネスマンのための「雨の日対策」のノウハウを紹介したい。

次ページどんな靴を履けばいいのか
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT