「傘の持ち方」で周囲をイラつかせる人の盲点

梅雨時に押えたい靴選びのコツと傘のマナー

電車内での傘の扱い方については、もう1つ気にしておきたい点がある。吊り革につかまって傘を持つ、あるいは傘を腕にかけるときだ。「地面に垂直に持っている」と、そこだけ確認するのは甘いという。「し」の字になった傘のハンドル部分が、外側になるようにして持つのが正解だという。

「よかれと思って、ハンドルを内側に入れて持つ人がいますが、そうすると傘が外側に倒れやすくなります。ロングシートの座席の前で傘を持っていると座っている人のほうに倒れてしまいます。長傘はこういうリスクがあるので気をつけたいですね」(岩下さん)

ちなみに岩下さんはタオルを持ち歩いて、電車に乗る前にさっと傘の雨水を拭き取るという。また百貨店などの入り口でもらえるビニールの傘を入れる袋を持参して、電車内でもそれを使うこともあるという。

傘を開くときは「つつましやかに」

雨の日対策5 すれ違う際は“傘かしげ”を

傘をさすときに気をつけたいのが2点ある。1つは傘を開くとき、「バッ!」と大げさに空につきだして開かないことだ。

「歌舞伎の白浪五人男なのかな」と、思わせるほどに、バサッと大げさに傘を広げる人がたまにいるが、周囲はとても迷惑だ。傘が誰かにあたることもあるし、やはり水しぶきがとんでくることだってある。「開くときは傘先を下にして、また自分の体にできるだけ引き寄せてから、すっと控えめに開くのがいいでしょう」(岩下さん)。

また、傘をさしているとき、同じく傘をさしている人とすれ違い、ぶつかりそうになったりしたときは、相手のいるほうと反対側にかしげて、ぶつからないようにする定番の気遣いも覚えておきたい。かつて「江戸しぐさ」の1つとして紹介された傘かしげだ。もっとも、実際、江戸しぐさでもなんでもなかった、という説もある、いわくつきのマナーでもある。

「江戸しぐさかどうかはともかく、すてきなマナーですよね。うっとうしい雨の季節だからこそこうしたさわやかな所作は、周囲にいい印象をあたえると思います」(岩下さん)

雨水から自分の身を守ることばかり考えず、周囲の人の身や心象まで考える。そんなスマートな“梅雨しぐさ”を実践して、うっとうしい雨の季節を乗り切っていただきたい。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 地方創生のリアル
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
NHKの正体<br>膨張する公共放送を総点検

受信料収入が5年連続で過去最高を更新し、ネット常時同時配信への進出を見込むなど肥大化が進むNHK。一方でガバナンスに問題を抱えており、公共放送としての存在意義が問われている。事業体としてのNHKの全貌を総点検した。