乙武洋匡「私の意見は障害者の総意じゃない」

中川淳一郎に語った「政治家を目指した理由」

乙武:だから、私の中では「競争を勝ち上がってきた」というより「競争相手が見当たらない」という感覚なんです。それは、私にとっては3割ぐらいありがたいことであり、7割ぐらいはもどかしい部分でもあるんです。

中川:もどかしい? そこをちょっと教えてもらえますか。

誰かほかにいないの?

乙武:正直、「乙武さん」というポジションはしんどいので、できたら誰かに代わってほしいところがある。(一同笑)

私がメディア復帰した途端、「じゃあ乙武さん、よろしく」というのは、すごく危険だなと思ってるんです(撮影:今井康一)

乙武:私は2007年4月から2010年3月まで小学校の教員をやっていたので、メディアに丸3年ほとんど出ていなかったんですね。3年ですよ。普通タレントさんが3年間も仕事を休んだら、そのポジションはまあ取って代わられると思うんですよ。

ところが3年ぶりに小学校教員の契約を満了して、正直、もうオファーはないかなと思っていたら、どんどんいろんな依頼をいただいて、瞬く間に忙しくなった。そのときも「うれしいな、ありがたいな」という気持ちと同時に、「大丈夫かな、この国は」と思ったんです。

3年もの間に、障害当事者として社会的にメッセージを発信できる人材を、メディアは見つけ出すことができなかった。つくることができなかった。「どれだけ人材が枯渇しているのか」と思ったんですよね。それを、私はものすごく不健全なことだと思っているんです。

『五体不満足』出版以降、この18年間、私は障害者の代表かのように扱われ続けてきました。けれど、そもそも障害とひと口に言っても、身体障害、知的障害、視覚障害、聴覚障害、発達障害、ありとあらゆる障害があるなかで、到底私はそれらすべてを代弁できるわけがありませんし、代表面(づら)なんかできるはずがないんです。でも、メディアはそれを求めてくる。だったら、せめて私が3年間もいない間に、誰かを探してこられないのか、と。第2、第3の「乙武さん」を最も待ち望んでいるのは誰よりも私だと思っているんですけど、私がメディア復帰した途端、「じゃあ乙武さん、よろしく」というのは、すごく危険だなと思ってるんですよね。

中川:メディアも多少探してはいると思うんですけれども、でも乙武さんの存在は唯一無二になってしまっている。もしかしたら乙武さんと同じぐらい賢くて、話が面白い人たちが他にいるのかもしれない。障害者の実態を語れるかもしれない。なのに、そういう人材がメディアには不在なんですよね。

乙武:本当にいるんですよ、たぶんね。今回も8カ月ほど活動を自粛しているあいだに、相模原のやまゆり園で19人が殺害される事件があり、パラリンピックもあり、日本テレビの「24時間テレビ」に対する、感動ポルノという批判も起こったりと、障害者という言葉がキーワードになる社会的事象というのがいくつもあったわけです。そのたびに「活動自粛中」の私にワーッとコメント依頼が来るんですよ。

「誰かほかにいないの? こちとら不倫で日本じゅうから袋だたきに遭っている身だよ」と。自分がメッセージを発信したいという気持ちもありますが、「俺以外いないのかよ」というもどかしさも、同時に感じていました。

次ページ私はけっして障害者の代表ではない
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • インフレが日本を救う
  • 最新の週刊東洋経済
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT