乙武洋匡「私の意見は障害者の総意じゃない」

中川淳一郎に語った「政治家を目指した理由」

乙武:うーん、そうですね。ただ、社会の中で自分が何をすべきかというのは、一方で、ずっと意識をしてきたことなんです。マイノリティという存在は、ただ数が少ないという理由だけで、なぜ不利益を被らなければならないのか。そういうことを、マジョリティ側の人が言ってくれても、それはそれでありがたいんですけど、やっぱり響きにくいように思うんです。それを、マイノリティ、数が少ない側の人間が言うと、「なるほどね」と思ってくださる数が変わってくる。それが、私が俯瞰して見たときの「乙武洋匡がやるべきこと」だと思っているんです。

ただここ数年、ひずみが生じていた部分があると思うんです。皆さんから見れば、「マイノリティ=弱者」。だから、さっきのメッセージは弱者が主張することに意味があったと思うんです。ところが、いつの間にか私の存在は皆さんから見て「強者」だと映るようになってしまった。だから、「あいつの物言いは鼻につく」と、なかなか素直に受け入れていただきづらくなってしまった。だからこそ、「そろそろ私じゃない人間が出てきてほしいな」と感じているんですよね。

優遇と措置をはき違えないでほしい

中川:最近、ネット上に「障害者様」という言葉があって、頻繁に見られるんですよ。障害者は強者、という意味なんですよね。

乙武:なるほどね。

中川:「ベビーカー様」という言葉もあります。「そこのけそこのけ、ベビーカー様が通る」と使われる。ベビーカーを邪魔だと思う人にとっては、それを押す母親が「おらおら、どきなさい」って、自分を排除しているように感じて、「ベビーカーを押すお前は強者だ」と批判している。この2つの言葉に関してはちょっと問題があるなと、今われわれは思っていて。

河崎:あと「妊婦様」もありますね。

乙武:もう私からしたら、「だったら、なればいいじゃない」のひと言ですね。そんなに弱者を強者だとうらやむなら、「実際にその立場になってやってごらんよ」と。たとえば私を強者だとうらやむのなら、「どうぞ、手足を切り落としてみてください」と。それで本当に「どうだ、これで強者だぞ」とドヤ顔できる自信があるなら、どうぞやってみてください。誰も止めませんよ、と。

それにね、「障害者様」という言葉の裏には、「あいつらばっかり優遇されやがって」という思いがあると思うんですけど。私のそれに対する反論は、「優遇と措置をはき違えないでほしい」ということなんです。

全員が±0のフラットな状態なら、特定の人々、今の文脈で言えば障害者だけがプラスを与えてもらうことは確かに優遇になる。でも、何もしない状態だと、それだけで不利益を被る特定の人々がいる。その人たちだけにプラスを与えることで、±0、フラットな状態にしましょうというのが措置だと思うんです。今、一般的に行われていることは措置であって、優遇ではない。それを「優遇だ、優遇だ」と騒ぐのは、まったく前提が見えていないなと思うんですね。

中川:そこは、政治が介入してやっていくべき部分ですね。

乙武:おっしゃるとおりです。

中川:保険料が年収に応じて高額になっていく話や、累進課税っていうのは、正しい姿だと思っているんです。ネットであれこれ言う人たちは、他人が得するしないで嫉妬するような狭い視野で考えるのではなくて、全体最適という考え方を身に付けていってほしいですね。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自分史上最高のカラダに!本気の肉体改造メソッド
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT