乙武洋匡「私の意見は障害者の総意じゃない」

中川淳一郎に語った「政治家を目指した理由」

中川:乙武さんが障害に詳しく、障害を語れる人である、というのも間違いないんです。だから、今日はこういう話もしているんですが、今こういう話をしているのは失礼ではないですか? 

乙武:まったく失礼ではなく、私は乙武洋匡という1人の人間が、こう考えているということを、これからも発信していくつもりなんです。ただ、私はけっして障害者の代表ではないし、「私の意見=障害者の総意ではないよ」ということも、併せて言い続けていかなければと思っているんです。

「使い減りしない、タフで便利な中継ぎピッチャー」

中川:俺もいろんな取材やオファーをいただくんですが、だいたいの場合、「ネット炎上が起きましたけど、中川さんはどうお考えですか?」という話で来るんですね。それと同じという考え方もできますね。

乙武:はい。中川さん個人の見解が、「あっ、ネットの炎上ってこういうものと決まっているんだ」と、まるで正解のようにとらえられたら、ちょっと怖いじゃないですか。他の編集者とか、ネットに詳しい方から見たら、違うように見えるかもしれない。そうしたなかで、「中川淳一郎はこう見ている」というふうに受け取ってほしいじゃないですか。

中川:そう思うんですよ。ネット炎上について語れる人は、やまもといちろうさんとかいるわけです、それなりに。俺はそのうちの1人でしかない。これが健全ですよね。

乙武:おっしゃるとおりです。だから、「乙武はこう思っているけど、あの人はこう思っているんだ」の、「あの人」がもっと出てきてほしいんですよね。

河崎:なぜ「障害」という分野において、他に人材を見つけようと思ってもできなかったんでしょう? 次につながっていかなかったんでしょう? メディアの怠慢なのか、あるいはやっぱり落としどころというか、世間的に据わりのいい誰かを見つけられなかった、というのも背景に何かあるのでしょうか。

中川:もしかしたら、障害者を出す場合に「あの人は体が大変なのに引っ張り出してきて、いじめだ」とかね、いろいろ言う人がいたのかもしれない。でも乙武さんの場合だと、「勝ち組である、強者である」との社会認識があるから引っ張り出せるのかもしれない、とちょっと思ったんですけど。

乙武:僕、野球が好きなんで、野球の例えになっちゃうんですけど。監督が好んで使う、中継ぎピッチャーっていますよね。本来は試合展開によって、「勝ちゲームのときはこいつ、負けゲームのときはこいつ」と分業制になるのが理想なんですけど、そういう枠を取っ払って「来る日も来る日もこいつ」みたいに使われるピッチャーっているんですよ。

それってやっぱり使い減りしなくて、少々のことでは肩が壊れない、タフなピッチャー。僕の存在は、結構それに近いのかなと思っていて。「乙武って、どれだけたたいても、どれだけいじっても全然へこたれない。これまでは障害者ってヤワな存在で、腫れ物に触るかのような扱いをしてこなきゃいけなかったけど、あいつはどういじっても笑顔で気丈に対応してくれるから、まあ乙武を使っておけば無難」みたいなのは、もしかしたらあるのかもしれないですね。

次ページ障害者の自虐という発信法
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • インフレが日本を救う
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT