(第9回)新卒技術職・研究職の深刻な「採用」氷河期の到来

(第9回)新卒技術職・研究職の深刻な「採用」氷河期の到来

福井信英

 新卒技術職・研究職の深刻な「採用」氷河期が到来したようだ。

 採用コンサルタントとして、私が企業から受ける相談の3分の1は「機電系の学生を採用したいんですけど…」というものだ。ほんの5、6年前までは考えられなかった事態だが、現在の日本企業がおかれているビジネス環境を考えれば当然のこととも思う。

 私が相談に乗ってきた企業の人材採用にかけるコストの中央値は、文系総合職・事務職であれば、65~80万円/人という水準だ。それに対して、技術職・研究職は120万円程度まで跳ね上がる。

 お金と時間をかけなければ、優秀な理系学生を採れなくなっている。それが現在の採用市場の現状のようだ。理系学生の採用にお金と時間をかけることは間違っていないが、技術職や研究職が居心地良く誇りを持って働ける環境を作ることにこそ、採用活動以上にお金と時間を使うべきだ。


 市場において、需要と供給のギャップは「神の見えざる手」によって調整される。

(1)理系人材に対する需要量が供給量を超過
(2)理系人材が就職に有利になることで、理系を選択する学生が増加
(3)需要と供給のギャップが解消

 単純に上記のようなプロセスで、需給のギャップが調整されればいいのだが、そうはならない。

 その気になれば、どこでも就職できるようになったこの時代、就職に有利なだけでは学生は理系を選択しない。有利になる就職先が魅力的かどうかが重要なのだ。今の「採用」氷河期は、根本的には技術職・研究職として就職することの魅力が相対的に低下していることから生じている。
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 北朝鮮ニュース
  • インフレが日本を救う
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中間決算に透ける踊り場<br>企業業績は減速が鮮明に

世界経済が踊り場を迎えている今、中間決算発表に伴う業績予想の修正が出そろった。2018年度の営業利益は前年比4.6%増と、17年度の12.9%増から減速する。『会社四季報』業界担当記者が、明暗分かれる業種内の「優勝劣敗」を解説する。