(第30回)就職活動のルールが変わると、学生時代の学び方はどう変わる?(その2)

(第30回)就職活動のルールが変わると、学生時代の学び方はどう変わる?(その2)

福井信英

 前回のコラムに引き続き、今後就職活動のルールはどう変わるのか、どう変えるべきかについて考えてみたい。

 就職活動が学業に及ぼす負の影響でいちばん問題視されているのは、学校の授業を休み、会社説明会やインターンシップに参加する学生が出てくることだろう。

 親しい大学教授から、次のような話を聞いた。

 本来研究に時間を割き研究を完成させねばいけない時期なのに、就職活動に時間をとられてしまうのは、大きな問題だ。しっかりとした研究を残せば企業から引く手あまたであるにもかかわらず、研究が中途半端な状態で就職活動をしてしまうから、研究も就職活動も中途半端に終わってしまう。
 これは非常にもっともな意見だ。彼は企業との共同研究も数多く行っており、業績も残している。特定分野で最先端の知識と経験を積めば、その技術や研究を欲している企業には大変就職しやすいに違いない。

 こういった意見が学業に時間を割くべき、という論者の主張の拠り所ともなっているし、私もこの意見には賛成だ。

 しかし、一方でこの意見には、解決しなければならない問題が2つある。

 1つ目は、大学でのゼミなり、研究なりが、学生自身の能力を高める質の高いものである必要がある、ということだ。ゼミであれ研究であれ、真剣に取り組めば企業で必要とされる自律性や問題解決能力、コミュニケーション能力は十分磨かれる。前述の大学教授の研究室は十分この要件を満たしていると思われるが、中にはこの要件を満たしていないゼミや研究室もあるのではないだろうか。

 2つ目の問題は、進学後、その分野に興味を持てなくなった学生の受け皿はどうなるのか、というものだ。

 たとえば、志望校選択当時は自動車に興味があり工学部に入ったが、大学生活を続け、経済・社会に興味を持つようになり、金融機関に就職したくなったとする。このような学生の興味・関心を機械工学の研究という環境に抑えつけておくことは難しい。 こういったことが起こらないようにするためには、できれば高校生のうちに、遅くともゼミや研究室といった進路が固まりきらない大学1~2年生に対して、短期・長期の休暇を利用して、自分の興味・関心がある分野をのぞかせるのが望ましい。 その視点からいうと、現在行われている、インターンシップや企業が主催するセミナーは、本来大学1~2年生向けに対して行われるべきものだといえよう。
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT