日本人は苦手?「欧米型採用」とそのリスク

「待ちの姿勢」では限界がある

日本企業の採用方法が時代遅れというのはどういうことなのでしょうか(写真 :freeangle / PIXTA)

日本企業の採用手法は、世界的に見て時代遅れ?

この連載の過去記事はこちら

外資系の人事部門に勤務経験がある方にお会いすると、よく言われてしまうことがあります。それは、日本企業の採用手法は世界的に見て時代遅れだということ。

消費財の外資系メーカーで人事マネジャーをしている知人は、日本の採用は世界標準から離れて「ガラパゴス化している」と揶揄していました。かつて日本企業は独自のやり方で産業を発展させてきましたが、成功した時代も長くあっただけに、やり方を海外と合わせるという意識がなかったのかもしれません。しかも、日本人らしい緻密かつ高い水準で手法を確立しているから、変えるのも簡単ではありません。ならば、このまま採用手法は変えないままでいいのか?それは時代が許してくれそうにありません。先ほどの知人は、

「今のままでは、採用できない人材がいますよ」

と指摘します。採用できないのはどのような分野の人なのかは後述しますが、存在するというのは長年、人材の分野に関わって来た筆者にもよくわかります。もしその事態を変えるなら、採用手法の変更を意識せざるをえない気がしますが、具体的にどう変えたらいいでしょうか?

次ページ日本の採用手法の典型とは
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スクープ! 積水ハウス地面師事件<br>「封印された報告書」の全貌

「なぜ積水はだまされたのか」。2年前の地面師グループによる大型詐欺事件。謎を解く同社の内部資料を本誌が独自に入手した。だまされた積水が調査報告書の公開を拒む理由は。取引を承認した役員が現在も要職にある“闇”をいま明かす。