「人の給与が丸わかり」になるのはいいことか

嫉妬や怒りの先に前向きな効果が生まれる?

本当は同僚のお給料がいくらか気になりますよね?(写真 :xiangtao / PIXTA)

やっぱり気になる? 他人のお給料

この連載の過去記事はこちら

あなたは他人の給与が気になりますか? 国税庁の「民間給与実態統計調査(平成27年分)」によると、給与所得者5646 万人の平均年収は420万円。前年度比で約5万円アップしています。

給与水準は業種や年代などによって違います。業種で比較して、最も高いのは「電気・ガス・熱供給・水道業」の715万円、次いで「金融業、保険業」の639万円となっており、最も低いのは「宿泊業、飲食サービス業」の236万円。年代ならば男性50~54歳の階層(670万円)が最も高い給与をもらっています。対象を広く考えると違いはさまざまですね。

ただ、比較して感情移入するくらいに気になるのは、もっと狭い領域の話ではないでしょうか。そう、同じ職場の同僚たちとの比較です。同じ職場で同じ世代の社員でも給与が違うとしたら「悔しい」「優越感」を感じるもの。あるいは上司の給与を知って、自分の将来の生活設計を確認したいと思うのは、ごく当たり前のことかもしれません。

ちなみに「社内の同僚について、給与が気になりますか?」と20~40代のビジネスパーソンたちに質問してみると、当初は「気にならない」と回答してくれる人が大半。ところが、

「本当ですか? みなさん、気になるとおっしゃいますよ」

と言いつつ、業界平準の給与データなどを交えて、会話をすすめていくと、

「やっぱり、気になりますね」

などと本音が出てきます。《知りたいけれど、それを口に出すのははばかられる》と考えているのでしょう。

次ページ関心のある2つのテーマ
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT