「人の給与が丸わかり」になるのはいいことか

嫉妬や怒りの先に前向きな効果が生まれる?

たとえば、広告代理店に勤務しているFさんは入社8年目で年収は650万円。それなりの処遇であると感じていましたが、給与情報の公開で自分の上司が1000万円以上もらっていることがわかりました。すると、

「あの上司が1000万円もらうくらいの仕事をしているとは思えない」

と感じて、上司の仕事ぶりにイラッとする感情が起きることが増えたようです。自分より遅く出社して、自分より早く帰ることも頻繁。さらに勤務時間に何をしているのか、わからない時間帯が多い。自分より高い給与をもらっているなら、それを納得させる仕事をしてほしい……と厳しい態度を示すようになったとのこと。ついには、

「高い給与をもらっているのだから、お願いしますよ」

と上司が気分を害するような発言までしてしまったようです。こう考えると、上司の給与情報など知らないままにしておいたほうがよかったのかもしれない気がします。

給与差を意識して働くきっかけに

ただ、上司が部下との給与差を意識して働く機会につながると考えれば、プラスの効果につなげることもできます。これまでよりも周囲の目を意識して、上位職に緊張感が生まれ、働き方が変わるとすれば、貴重な転換ともいえます。

取材した広告代理店の上司も、部下からの厳しい視線を意識して、マネジメントをきめ細かく行うように努めているとのこと。あるいは、取材した別の会社では、給与公開のあとに抜擢人事や降格人事がスムーズに行われるようになったとのこと。仕事の成果から考えた得るべき給与に関して、社内で相場観が生まれたようです。

このように当初はマイナスの影響も多いかもしれませんが、報酬に見合う仕事をする努力をする機会にするべく、時間をかけて継続していく覚悟をもつべきかもしれません。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 占いのオモテとウラ
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT