給料の上がらない人は評価の本質を知らない

嘆く前に正しい努力の方向性を探ろう

ヨイショだけで出世や昇給はかないません(写真:HIME&HINA / PIXTA)

「給料はどうしたら増えますか?」

ある経営者向けセミナーの懇親会で社会人3年生のA君に質問されました。彼は大学を卒業後、従業員や留学を中心とした語学ビジネスを経営する会社に就職しました。本人は日々、「仕事も真面目に取り組み、熱心に勉強しています」。同期は10人ほどいたのですが、徐々に昇格するタイミングがズレはじめ、給与にも差がつき始めたそうです。中でもB君は、同期でも格段に昇格スピードが速く、1人だけ飛び級でリーダーに昇進したそうです。

ヨイショだけでは出世はできない

そこで、なんでB君はリーダーに昇進したのか、その理由をA君に尋ねてみました。

A君:「Bは上司に気に入られているからじゃないですか」

そう答えたA君にさらにこう聞きました。

「B君はどこが上司に気に入られたんだろうか?」

と。しばし、けげんそうな顔をしていたA君はこう言いました。

A君:「ヨイショじゃないですか。飲み会とかでうまく取り入ったんだと思います」

A君とB君の差は“ヨイショ”したかどうかだけではありません。「どうすれば評価されるのか」というポイントをA君は知らずにB君は知っていたはずです。

次ページ評価基準を把握せよ
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権大研究<br>行方を占う5つのポイント

歴代最長の7年8カ月に及んだ安倍政権から何が変わるのか。「自助」好き、「経産省内閣」の継承の有無、解散総選挙など5つの観点で読み解きます。エコノミスト17人へ緊急アンケートを実施、経済見通しと課題も浮き彫りに。

東洋経済education×ICT