時給1000円超時代のバイトに求められる役割

新卒採用への活用は世の中を変えうる

これからのアルバイトはどうなっていくのか
日本のアルバイトの生き字引のような人物、『非正規って言うな!』(クロスメディア・パブリッシング)著者、平賀充記氏へのインタビューの後編をお届けする。
今回は、いまどき稼げるバイト、ホワイトなバイト、日本のアルバイトのこれまでとこれからについて聞いた。若者論としても楽しめる内容である。ぜひ、ご一読を!

 

前編:ブラックバイト問題の語られない意外な真実

この連載の記事一覧はこちら

常見陽平(以下、常見):アルバイトの採用に絡んで面接以外にも大事なポイントはありますか?

平賀充記(以下、平賀):「初日のケア」です。これを失敗すると、間違いなく1週間たたないうちにどんどん辞めていきます。「ここに居場所がありそう」と感じてもらうことが大切です。だから、まずは名前を覚え、名札を用意する。いろいろ連れ回して皆に紹介とか、メンターの先輩を必ずつけるとか。ロッカーを用意しているかどうかというような細やかな受け入れ準備も大事です。

常見:御著書で面白かったのは、「バイトのなかでの良いコミュニケーションのカタチ」という項目です。若者は意外にタメ語でのコミュニケーションを支持していないことが印象的でした。

今どきの若者が稼げるバイトは塾講師と飲食

平賀:ちゃんと丁寧に扱ってねという。

常見:ちょっと下世話な興味なのですが……。今どき、怪しい系とかピンク系、グレー系ではなく若者が稼げるバイトは何ですかね?

平賀:塾講師と飲食ですね。

常見:もっとも、前者は中には事前準備や採点などの業務に給与が支払われないというトラブルがブラックバイト問題で話題になったりもしますが。

次ページそれでも塾講師の時給は高い
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大乱世の思想ガイド<br>マルクスvs.ケインズ

戦後社会の信念とイデオロギーが崩れ落ちる今、危機を乗り越えるための思想が必要です。脱経済成長を旗印に支持を広げる新マルクス主義とコロナ禍で完全復活したケインズ主義を軸に、大思想家が残した知恵を学び直します。

東洋経済education×ICT