企業の本当の姿は「転職サイト」に載っている

入社後ギャップ、社内恋愛まで就活に役立つ

OB・OG訪問で会社の実情を聞くのが一番だが、そのほかにも会社を知る有効な方法がある(写真:cba/PIXTA)

毎年、この時期までに行った就職活動を学生に聞くと、最も多いのが就職ナビへの会員登録だ。多くの就職ナビは、大学3年生の6月1日にオープンし、就活支援の記事やインターンシップ情報が満載となっている。

就職ナビだけに頼ってはいけない

就職四季報プラスワンの記事一覧はこちら

大手就職ナビの「マイナビ」を例に、就活支援の記事を見てみると、「金融ビジネス」「ソフトウェア業界」「マスコミ業界」といった業界特集をはじめ、「女子学生向け」「外国人留学生向け」「体育会学生向け」などの情報や、「教員をめざす学生の就活の進め方」「公務員をめざす学生の就活の進め方」といった対象学生別の記事、さらには「インターンシップのマナー」「インターンシップ面接選考の極意」から、「就活マナー」「自己分析」「グループディスカッション」「適性検査対策」など、キャリアセンター顔負けの充実した内容が並ぶ。他の就職ナビもほぼ同様だ。

次ページリクナビ、マイナビは基本だが・・・
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 北朝鮮ニュース
  • 就職四季報プラスワン
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』新春号を先取り!<br>波乱相場にも強い大健闘企業

企業業績の拡大に急ブレーキがかかっている。世界景気の減速や原燃料費・人件費の高騰が重荷だ。そうした逆風下での大健闘企業は? 東洋経済最新予想を基に、上方修正、最高益更新、連続増収増益など6ランキングで有望企業を一挙紹介。