企業の本当の姿は「転職サイト」に載っている

入社後ギャップ、社内恋愛まで就活に役立つ

OB・OG訪問で会社の実情を聞くのが一番だが、そのほかにも会社を知る有効な方法がある(写真:cba/PIXTA)

毎年、この時期までに行った就職活動を学生に聞くと、最も多いのが就職ナビへの会員登録だ。多くの就職ナビは、大学3年生の6月1日にオープンし、就活支援の記事やインターンシップ情報が満載となっている。

就職ナビだけに頼ってはいけない

就職四季報プラスワンの記事一覧はこちら

大手就職ナビの「マイナビ」を例に、就活支援の記事を見てみると、「金融ビジネス」「ソフトウェア業界」「マスコミ業界」といった業界特集をはじめ、「女子学生向け」「外国人留学生向け」「体育会学生向け」などの情報や、「教員をめざす学生の就活の進め方」「公務員をめざす学生の就活の進め方」といった対象学生別の記事、さらには「インターンシップのマナー」「インターンシップ面接選考の極意」から、「就活マナー」「自己分析」「グループディスカッション」「適性検査対策」など、キャリアセンター顔負けの充実した内容が並ぶ。他の就職ナビもほぼ同様だ。

次ページリクナビ、マイナビは基本だが・・・
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 小室淑恵 「覚悟の働き方改革」
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT