企業の本当の姿は「転職サイト」に載っている

入社後ギャップ、社内恋愛まで就活に役立つ

OB・OG訪問で会社の実情を聞くのが一番だが、そのほかにも会社を知る有効な方法がある(写真:cba/PIXTA)

毎年、この時期までに行った就職活動を学生に聞くと、最も多いのが就職ナビへの会員登録だ。多くの就職ナビは、大学3年生の6月1日にオープンし、就活支援の記事やインターンシップ情報が満載となっている。

就職ナビだけに頼ってはいけない

就職四季報プラスワンの記事一覧はこちら

大手就職ナビの「マイナビ」を例に、就活支援の記事を見てみると、「金融ビジネス」「ソフトウェア業界」「マスコミ業界」といった業界特集をはじめ、「女子学生向け」「外国人留学生向け」「体育会学生向け」などの情報や、「教員をめざす学生の就活の進め方」「公務員をめざす学生の就活の進め方」といった対象学生別の記事、さらには「インターンシップのマナー」「インターンシップ面接選考の極意」から、「就活マナー」「自己分析」「グループディスカッション」「適性検査対策」など、キャリアセンター顔負けの充実した内容が並ぶ。他の就職ナビもほぼ同様だ。

次ページリクナビ、マイナビは基本だが・・・
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 日本の分岐点 未来への対話
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT