転職面接は「会社側への質問」が勝負を決める

相手に良い印象を与える質問とは?

面接でどのような質問をしたらいいのでしょうか?(写真:Hungry Works / PIXTA)

→安井さんへのキャリア相談は、こちらまでお送りください。

レベルの低い質問で本当にすみません。ズバリ、転職面接においてどんな質問をしたらよいのでしょうか? とりわけ有名企業の子会社だと、自分が知っている範囲で親会社のことを聞くのも気が引けますし、毎回、ありませんと言うのも芸がないと思っていますが、実際どうしたらよいのでしょうか。
現在、転職活動中ですが、自分の成果をPRしたり、やってきた業務の話をするのは慣れてきたつもりですが、いざ質問は?と聞かれると臨機応変な対応ができません。
そもそも皆さん、本当に質問をするものなのでしょうか?
会社員  大輔

「的外れな質問」でもしたほうがいい

この連載の記事一覧はこちら

レベルの低い質問なんてことはありませんから、ご安心ください。むしろこれは多くの方が漠然と抱いている素朴な疑問だと思われます。

さて、転職における質問。これはズバリ2つの理由から、たとえ若干、的外れな質問だったとしても、質問しまくったほうがよいです。それらは、質問をすることによって、「自分にとって合う仕事や職場であるか否かを見極めることができる(自分にとっての理解力を上げる)」と「相手によい印象を与えることができる(採用される確率を上げる)」という2点です。

と、その前に、今までさまざまな就職・転職者の採用を通じて感じていることは、それなりの数の質問をする人がいる一方で、まったくまたは1つ2つしか質問をしない人もいるというように、2分されるということです。そして大抵、質問を多くする人のほうが入社後の定着率や活躍する傾向が高いように思います。

次ページ採用する側の意見とは……
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 日本の分岐点 未来への対話
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT