会社の「辞めどき」は15のポイントで判断せよ

長くない人生、貴重な時間の浪費は避けよう

どの仕事で一流を目指すか、早く選択しなくてはいけない(写真:naka / PIXTA)
私はコンサルティング会社に在籍した12年以上にわたる期間、大企業・中小企業をあわせて1000社以上を訪問し、そこで働く8000人以上の人々を見てきた。
マスメディアや本、ネットには「偉大な成功者たち」のエピソードが数多く並んでいるが、長く働くうち、「偉大な成功者たち」に関するエピソードよりも、身のまわりにいる、普通の人々に学ぶことのほうがはるかに多いことがわかった。だから、私の紹介する話は普通の方々が悩んで出した結論や、必ずしも成功とは言えない体験談、現場での素直な感想などである。
一度に大きな変化を起こすことは誰にもできない。何かを成し遂げようとするならば、それなりの準備や時間をかけて物事に取り組む必要がある。この連載の目的は、そのような方々の一助となることである。

自分を変える、が常に正しいわけではない

「会社に不満があるなら、まず自分を変えなさい」

これはよく言われる話である。

たしかに正しいときも多い。しかし常に正しいわけではなさそうである。

たとえば、こういうシーンを想像してみよう。 ある技術者が、会社に7年在籍し、技術ひと筋でやってきたところ、営業への転向を言い渡され、営業部に異動することになった(実例として、シャープは2012年、生産・研究部門の社員900名を営業へ配置転換している)。

営業は、技術者にとって未知の世界であり、スキルを身につけるには時間がかかる。 ただ、長期で見れば顧客の視点で自分たちのサービスを見るのは決して悪い選択ではない。

はたして、会社に従って営業を頑張るべきなのか、それとも、不満を隠さず転職を考えるべきなのか? はたまた会社にとどまって、時期を待つべきであろうか?

まず認識が必要なのは、どんな仕事であっても、一流になるにはとても時間がかかるということだ。

したがって、営業としてキャリアを改めるならば、その仕事を極められるのは30代後半である。その頃には「転職をしたい」と思っても、選択肢はいまよりは少ないだろう。

次ページ余計なことをしている暇はない
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ドラの視点
  • 精神医療を問う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT