会社の「辞めどき」は15のポイントで判断せよ

長くない人生、貴重な時間の浪費は避けよう

なるほど、彼らは別に上司のせいにもしていないし、それなりに成果を出しているのかもしれない。ただ、漫然と会社や仕事があまり面白くないと感じているようだ。

たしかに私も同じようなことを思ったときがあった。

だから彼らが甘えているとは思わないし、「それは普通だから、つべこべ言わずに頑張れ」などと言うつもりもない。彼らは皆、そんなことは百も承知だ。

15のポイントで、判断できる!

『「仕事ができるやつ」になる最短の道』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

現在の世の中で、1つの会社で定年まで勤めあげる人がどのくらいいるのだろう。おそらく、現在20代、30代のサラリーマンにおいては、そういった人々はかなり少なくなっているのではないだろうか。

事実、厚生労働省の資料(「持続可能な活力ある社会を実現する 経済・雇用システム」)によれば、44歳以下の人々の勤続年数はますます短期化している。

だから、遅かれ早かれ誰であっても、「辞めどき」を考えざるを得ないときがやってくる。それは間違いない。

では、「辞めどき」をどのように判断したら良いのか? 「辞めていい」と言い切るのは次のいずれかにあてはまる場合だ。

会社でガマンしないほうがいいこと

・働かない社長、上司の下で働き続けること
・社長の私的欲望に付き合うこと
・礼儀を欠く人と働くこと
・気の合わない人と働くこと
・社長の取り巻きがYESマンで固められている職場で働くこと
・罵声を浴びせられる職場で働くこと
・言論統制される職場で働くこと
・顧客をだまさなくてはいけない職場で働くこと
・無謀すぎる目標達成のために頑張ること
・1日5時間以上の残業を続けること
・やる気があるようなフリをし続けること
・好きになれない商品を売り歩くこと
・家族が大変なときに、仕事を優先してしまうこと
・責任の小さい仕事をすること
・不条理な顧客を相手にすること

 

もちろん、時にはガマンしなければいけないこともある。

でも、人生はとても短い。

貴重な時間を、いつまでもここに挙げたようなことに使うのは、どう考えても割に合わないように私には思える。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • ソロモンの指輪〜「本能と進化」から考える〜
  • 就職四季報プラスワン
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
小売り、外食…<br>値決めの勝者と敗者

値下げをすれば客が来る、値上げをすれば客が減るという常識が通用しない。「65円靴下」などの激安セールでも客離れに泣くしまむら。一方で、壱番屋やリンガーハットは値上げをしても客足は遠のかない。勝敗の分岐点はどこにあるのか。