学歴不安は、「明確化すること」で解消できる

資格を取れば解消できるわけではない

「学歴不安」は資格によって解消できるのでしょうか?(写真:stpure / PIXTA)

→安井さんへのキャリア相談は、こちらまでお送りください。

初めまして。都内の大学生の20歳です。
この夏に短期インターンシップ(大手・中小企業)をいくつか経験したのですが、周囲の学生が立派な大学に通う中で、どうしても自分の学歴に恥ずかしい気持ちを持ってしまいます。
大学受験に失敗し偏差値50台の大学に入学してから、コンプレックスをなくすためにも、現在は留学に向けて勉強を進めています。ほかにも資格などに手をつけ、いかに就活時に学歴フィルターをすり抜けて採用してもらえるかばかり考えてしまいます。
履歴書資格欄は豊富になってきたのですが、それゆえ長期インターンシップの面接での「将来どういった方向で活躍したいですか」という質問には、正直、答えられず、「インターンをするのに将来の道とかやりたいことが決まっていないのはよくないよ」と言われてしまいました。
それ以降、自分は何のために頑張っているのか見いだせずにいます。この状態のままで4年生になって就活を迎えるのがとても不安です。どうしたら、この不安を解消できるでしょうか。
大学生 T.N.

まずは不安の対象を明確化する

この連載の記事一覧はこちら

漠然とした不安を解消するためだけに行動しているかぎりは、不安の解消はできません。不安の対象をもっと明確化しましょう。具体的な問題定義なくして、有効な解決策は見つかりません。

そして人生における課題解決は、漠然とした一般論に基づく一般解ではなく、固有の事情に応じた固有解でないとできないと心得ましょう。

次ページ「不安」には2種類ある
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • おとなたちには、わからない
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT