学歴不安は、「明確化すること」で解消できる

資格を取れば解消できるわけではない

「学歴不安」は資格によって解消できるのでしょうか?(写真:stpure / PIXTA)

→安井さんへのキャリア相談は、こちらまでお送りください。

初めまして。都内の大学生の20歳です。
この夏に短期インターンシップ(大手・中小企業)をいくつか経験したのですが、周囲の学生が立派な大学に通う中で、どうしても自分の学歴に恥ずかしい気持ちを持ってしまいます。
大学受験に失敗し偏差値50台の大学に入学してから、コンプレックスをなくすためにも、現在は留学に向けて勉強を進めています。ほかにも資格などに手をつけ、いかに就活時に学歴フィルターをすり抜けて採用してもらえるかばかり考えてしまいます。
履歴書資格欄は豊富になってきたのですが、それゆえ長期インターンシップの面接での「将来どういった方向で活躍したいですか」という質問には、正直、答えられず、「インターンをするのに将来の道とかやりたいことが決まっていないのはよくないよ」と言われてしまいました。
それ以降、自分は何のために頑張っているのか見いだせずにいます。この状態のままで4年生になって就活を迎えるのがとても不安です。どうしたら、この不安を解消できるでしょうか。
大学生 T.N.

まずは不安の対象を明確化する

この連載の記事一覧はこちら

漠然とした不安を解消するためだけに行動しているかぎりは、不安の解消はできません。不安の対象をもっと明確化しましょう。具体的な問題定義なくして、有効な解決策は見つかりません。

そして人生における課題解決は、漠然とした一般論に基づく一般解ではなく、固有の事情に応じた固有解でないとできないと心得ましょう。

次ページ「不安」には2種類ある
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • 女性の美学
  • インフレが日本を救う
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>世界で戦える組織へ

成長を確実にする組織の根幹を成すのが、研究開発と人事である。研究開発体制は2015年4月、各研究所に横串を通し、顧客起点の組織に生まれ変わらせた。人事制度もグローバル化がほぼ完了。踊り場から飛躍へ、日立の地固めの様相を追う。