「会社の外で活躍する人」が本当にデキる人だ

今の勤務先に頼った生き方をしてはいけない

ベンチャー企業より大手企業に就職したほうがいいのでしょうか?(写真:EKAKI / PIXTA)

→安井さんへのキャリア相談は、こちらまでお送りください。

こんにちは。現在、大学4年生で、社員数20人のベンチャー企業から内定をいただいています。しかし、ベンチャー企業に就職することに強く不安があるのと同時に、「大手に行きたかった」という気持ちも強く湧き上がっています。
不安を感じるのは特に待遇の面です。年俸制で、かつ、みなし残業を取り入れており、最低限の健康保険以外は福利厚生がありません。
また、自分の性格を考えると「大手にいる自分はかっこいい→会社の名前だけすごいと言われるのは嫌だから努力しよう」という流れで奮起するものだと考えています。したがってベンチャー企業に入社すると、そもそも「やる気が起きないんじゃないか?」と不安に思います。
大手企業の内定を目指して“就職留年”も視野に入れているのですが、安井さんは「ベンチャー企業で努力すること」を勧められるでしょうか?
大学生 マックス

万人に当てはまる正解は存在しない

この連載の記事一覧はこちら

ベンチャーか大手か、という2軸で仕事を考えているかぎりは、マックスさんご自身にとっての正解にはたどり着けないでしょう。そして現在の思考回路のまま就職留年をしても何の解決にもならず、いいことは何もありません。

仕事における選択にも、人生における選択にも、万人に当てはまる正解というものは存在しません。唯一ある正解は、個々人それぞれにとっての正解でしかありませんから、100人いれば100通りの正解があってしかるべきなのです。

もっと言うと、人生における成功の定義も、そこにたどり着く道筋や方法も、自分自身で決めるべきものです。これを仕事に限定して言うと、誰にでも通用する「いい会社」というものは存在せず、いい会社の定義は人それぞれである、ということです。あえて言うならば、自分にとって成長する機会のある会社がいい会社、ということになります。したがって、100人いれば100通りのいい会社があるのです。

次ページどういう基準で会社を選ぶべきか?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT