「罵倒するだけの上司」に耐えても仕方がない

仕事の成果は「環境」で変わる

結果が出せなくなると上司の態度が180度変わり、会話すらできません(写真:わたなべ りょう / PIXTA)

→安井さんへのキャリア相談は、こちらまでお送りください。

仕事を続けるかどうか悩んでます。
今年の4月に新卒で入社しました。ベンチャー企業で初の新卒採用でした。同期はひとり、自分を含めて10人以下の少数精鋭の会社です。
まず、仕事をしていて、不信感や心が痛むことがつねにあります。入社当時は運がよかったのか、新規の契約が取れ、上司も喜び、お前は仕事ができると持ち上げられていました。しかし、結果が出せなくなると、手のひらを返したように、「給料はタダではもらえねーよ、お前は公務員かよ、何でやらないの? 他社のスパイか? 仕事ができない病気なのか?」などと言われ、最近では会話すらありません。どうすればいいか聞くと、自分で考えろと言われるだけなど、態度が180度変わりました。同期とは価値観が合わず、相談しても、よりストレスがたまるので、話しません。
会社に行くのが憂鬱になっています。これで仕事を続けるか迷うのは、単なる私の甘えなのでしょうか。ぜひご意見いただきたく思います。
OA機器の営業 みかん

 理想のスタイルとミスマッチを起こしている

この連載の記事一覧はこちら

迷わずその仕事は辞めるべきでしょう。

理由は単純です。みかんさんが仕事をするうえで成長をし、将来、実績を出すために仕事や上司に求める理想とするスタイルと、現在いる環境がミスマッチを起こしているからです。

仕事が難しくつらい、上司が厳しい。そういったことだけならば何も転職を勧めることはありません。なぜならば、つらい仕事を経験して成し遂げた実績や経験のみが、その後のご自身のキャリアを形成する土台となるからです。

次ページただし、根性論だけでは成り立たない
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中国を知り尽くす異能の外交<br>官 垂秀夫 新中国大使

中国に幅広い人脈を持ち、アグレッシブな仕事ぶりで知られてきた垂秀夫・在中国大使。世界情勢が激動する中で国力差が開く日中関係をどう舵取りするのでしょうか。中国が最も恐れる男が日中関係のリアリズムを語ります。

東洋経済education×ICT