「産休から復帰」のために自分でやるべきこと

やりがいを求めることに躊躇してはいけない

結婚を控えている中、転職をすべきか悩んでいます(写真:Mills / PIXTA)

→安井さんへのキャリア相談は、こちらまでお送りください。

初めまして。現在30歳の事務職のOLです。もうすぐ結婚を控えている中、転職を考えております。今すぐにしたいわけではないのですが、転職を考えている理由は2点あります。
1点目は、産休に対してのイメージが支店内であまりよくなく、取得している人はいますが、その人もやりづらそうです(その人にも問題がありますが……)。まだ妊娠はしておりませんが、将来は子供も欲しいです。子供ができたときにこの会社で無理して産休を取ることを考えると、そこまでしてこの会社に居続ける意味があまりないような気がしています。そのためなるべく早く転職したほうがいいのか悩んでいます。
2点目は、仕事のやりがいが薄いことです。まったくないとは言いませんが、仕事もこれ以上増えることがなく、上司も結婚したら辞める方向へと促されている雰囲気が面談の折々に感じられます。直接的に言われたわけではありませんが……。もっとほかに、やりがいのある仕事で、将来、長く働いていける職場があるのではないかと思ってしまいます。
転職後は、給料は大幅でなければ今より下がっても仕方ないと思っています。職種も、理想は事務職ですが、もっとエクセルの関数を使用するような幅広い業務に携われる職種を経験してみたいです。ただ、結婚を控えているので、会社的にも若い子のほうがいいだろうし、なかなか見つからなそうと思って動けずにいます。転職のタイミング、転職の必要性についてアドバイスいただきたいです。
会社員 アンジェリーナ

気兼ねなく産休を取り、スムーズに復帰する

この連載の記事一覧はこちら

もうすぐご結婚されるとのこと、まずはおめでとうございます。さて、そのような中で、転職の時期と必然性について悩まれていますが、これは転職を考えているのならば、ズバリ、今すぐ動くべきです。そしておそらく転職をするべきでしょう。

まずタイミングから。

次ページ将来の不確実性を減らすためには
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 地方創生のリアル
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「満足度No.1」は本当か<br>英語コーチング広告で紛糾

近年急拡大し伸び盛りの英語コーチング業界が広告・宣伝のあり方をめぐって真っ二つに割れています。大手プログリットの広告に対し、同業他社が猛反発。根拠薄弱な宣伝文句が飛び交う、ネット広告の構造問題に迫ります。

東洋経済education×ICT