西荻窪が「30代おひとり様」を惹きつける理由

女性の住みたい街は学歴や子の有無で激変!

まず、最終学歴が高校卒・中学卒の女性が住みたい街を見てみると、1位は横浜みなとみらい。3位は鎌倉です。しかし、総合ランキングでは上位にある、恵比寿、代官山、中目黒、そして吉祥寺は上位には来ていません。

専門学校・専修学校卒の女性が住みたい街も1位は横浜みなとみらい、2位が鎌倉です。こちらは、恵比寿、代官山、中目黒、そして吉祥寺が7位にランクインしました。

さらに、短大・高専卒の女性の住みたい街の1位は鎌倉、2位が横浜みなとみらい。鎌倉と横浜の順位が逆転しました。そして、吉祥寺、二子玉川、そして恵比寿、代官山、中目黒が上位に浮上してきます。

そして、4年制大学卒の女性になると、住みたい街の1位は恵比寿、代官山、中目黒です。2位は吉祥寺で、横浜みなとみらいは3位、鎌倉も8位にランクダウンします。その代わり、三軒茶屋が浮上しています。

このように、学歴によって女性の住みたい街は変わります。4年制大卒の女性は、就職して正規職員になる可能性が高く、収入も高く、ただ「住みたい」だけでなく、実際に住める可能性が高まります。そういう女性には、恵比寿や吉祥寺が選ばれます。

 横浜みなとみらいは「家庭志向」の女子が熱烈支持

その一方で、今回の住みたい街ランキングで総合1位だった横浜みなとみらいは、女性の、特に4年制大学未満の学歴の人たちから強い支持を受けています。

海沿いにタワーマンションが建ち並ぶ横浜みなとみらいは、4年制大学未満の学歴の女性に人気(撮影:著者)

彼女たちは、4大卒と比べると非正規雇用が多く、収入が低く、仕事志向と言うよりは家庭志向が強まるのだと思われます。

したがって、キャリア志向で経済的に自立した女性が住みたい街の1位は恵比寿、代官山、中目黒ですが、どちらかというと仕事よりも家庭を重視している、家庭志向の女性が住みたい街も、第1位は横浜みなとみらいなのです。

自分を家庭志向だと思う女性が住みたい街
第1位  横浜みなとみらい ・・・16.2%
第2位  恵比寿、代官山、中目黒 ・・・13.5%
第3位  吉祥寺 ・・・11.8%
第3位  鎌倉 ・・・11.8%
第5位  二子玉川 ・・・11.4%
(注):住みたい人が50人以上いた街のみを抽出。以下同じ。
次ページ「ワーママ」が住みたいのは意外なあの街
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 若者のための経済学
  • 最新の週刊東洋経済
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • はじまりの食卓
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
関西電力がはまり込んだ<br>「原発マネー」の底なし沼

社会を揺るがした関電首脳らの金品受領問題。本誌は関係者による内部告発文や関電の内部調査報告書などで、「持ちつ持たれつ」の関係に迫った。実態解明は第三者調査委員会に委ねられるが、原発推進への自傷行為となったのは間違いない。