西荻窪には、どうして「スタバ」がないのか?

住みたい街の吉祥寺とは違う「隣駅の魅力」

JR中央線、西荻窪駅北口。住人はみな西荻窪のことを「西荻」と略して呼ぶ

住みたい街No.1と言われる吉祥寺…の隣に位置する西荻窪。昔ながらの個人経営の商店が多く、落ち着いた昭和の香りのする大人の街、というのが私の認識だ。

友達や知り合いも多く住んでいるこの街に、私も8年ほど住んでいる。その間に駅前のマクドナルドが24時間営業になったり、新しくカフェができたり、若者の姿も増え、西荻住人の平均年齢が下がってきている感じはする。

しかし、いつまでたってもこの街にはスターバックス(以下「スタバ」と省略)ができない。

隣の駅には5軒もあるのに・・・

この連載の過去記事はこちら

西荻窪は荻窪と吉祥寺の間に位置する。スタバは東隣の荻窪は1軒、西隣の吉祥寺には5軒もある。私の家は西荻窪だが吉祥寺寄りにあるので、普段は吉祥寺のスタバを使っている。しかし5軒ともいつも混んでいて、座れないことも多い。

歩いて行ける距離の隣駅がこんな状況なら、西荻窪にスタバができたとしても、繁盛するのではないだろうか。

西荻窪駅にスタバができないのはなぜなのか?

次ページスタバに理由を聞いてみた
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。