笑ってさよなら、ロマンスカー「LSE」最後の日

お別れムードと思いきや車内はお祭りだった

LSEラストランツアーの一幕。沿線から手を振る人たちに応える前展望席の人々(筆者撮影)

10月13日の特急ロマンスカー・LSE(7000形)ラストランから2カ月近くが経った。それ以降も何度となくロマンスカーに乗車しているが、やはり切符を買う際は、ついつい展望席のあるロマンスカーを選んでしまう。

この連載の記事一覧はこちら

展望席があるロマンスカーは現在GSE(70000形)とVSE(50000形)の2種。LSEが廃止され、新造した2編成目のGSEの運用が始まったこともあり、なかなか取れなかったGSEの予約も当初より格段と取りやすくなった。

前回、ラストランの約1カ月前に行われたLSEのビール列車旅について「漫画!引退ロマンスカーLSEがビール列車に」を描いた。あの時がLSEとのお別れ……と覚悟を決めていたのだが、なんとラストランツアーの取材に同行させてもらえた。

ラストランツアーの車内は?

ツアー自体の内容については、すでにいろいろな所で紹介されているので、私なりのLSEラストランを振り返りたいと思う。

新宿駅へ最後の入線。1番ホームに「38年間ありがとう」と書かれたプレートが置かれている(筆者撮影)
ラストラン出発前、運転士に感謝の気持ちを込めてプレゼントを渡す人もいた(筆者撮影)

10月13日昼、小田急新宿駅ホームはLSEの最後の姿を写真に撮ろうとする人々で大変混み合っていた。「特急ロマンスカー・LSE(7000形)さよならツアー」で列車に乗車するのは約400人。イベントに参加できなかった人も大勢詰めかけている。12時40分に列車が出発すると、ホームにいた人々は口々に「ありがとう」「おつかれさま!」と声に出し、手を振って見送った。

ラストランというからには、お別れムードの重い雰囲気……と思いきや、車内は大変明るかった。お祭りムードという表現が近いように思う。車内放送で車掌さんがLSEへの想いや、お客様への感謝の言葉を述べると車内には拍手が沸き起こった。

続いて車内では、くじ引きによる抽選会が始まった。

賞品はLSEのBトレインショーティーや記念グッズなど、当たった番号を読み上げ、「おめでとうございます」との放送もその都度入る。放送体験や運転台の見学ができる抽選会も行われ、あちらこちらで歓声が上がっていた。

次ページ地元の園児たちが手を振る光景も
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
  • 最新の週刊東洋経済
  • 占いのオモテとウラ
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT