漫画!引退ロマンスカーLSEがビール列車に

展望席を舞台に珍道中!5ページ書き下ろし

漫画家の小田原ドラゴンさんと私(やすこーん)でLSEビール列車に乗車してきた(漫画:YASCORN)

小田急の7000形ロマンスカー「LSE」がついに引退する日が来てしまった。

LSEで行く「生ビール列車」ツアー

7月10日の定期運行終了後にイベントツアーがいくつか行われたが、引退記念ツアーの1つ、9月15日に催行された「特急ロマンスカー・LSE(7000形)で行く ヱビス生ビール列車の旅」は私にとっていちばん魅力的だった。頑張ってみたところ、運よく2人分の予約が取れた。

この連載の記事一覧はこちら

とはいえ、この段階では一緒に行く人を決めておらず、直前になってふと、今回のツアーの終着駅が小田原、ということで知り合いの漫画家の小田原ドラゴンさん(代表作:『おやすみなさい。』『チェリーナイツ』)を思い出した。

「いいよ」と二つ返事で参加することになったドラゴンさん(以下、敬称略)だったが、彼は小田急沿線に住みながらも、一度もロマンスカーに乗ったことがない。というより、鉄道そのものに興味がない。

はたしてどこまで鉄道の楽しさを理解してもらえるのか? ロマンスカーという特別な列車なら、興味が湧くのではないか?――不安と期待が交じりつつ、当日新宿駅で待ち合わせた。

次ページその日の出来事を漫画にしてみました
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
第2、第3のSMFGを育てたい<br>三井住友FG社長インタビュー

4月に就任した太田純社長に、厳しい環境下での新たな戦略を聞く。中長期的な1つの方向性として、新興国で現地の金融機関を核にした総合金融グループ、つまり第2、第3のSMFGをつくり、一流に育てたいという展望が語られた。