漫画!鉄道旅で食べるご飯はなぜウマいのか

駅弁は旅情が詰めこまれた「宝箱」だ

駅弁には旅情が詰まっている(ⒸYASCORN/集英社ふんわりジャンプ)
「鉄道」は目的地までの単なる移動手段ではない。「駅弁」はただ腹を満たすだけのものではない。
そう気づいたのはいつだったろう……。
「ふんわりジャンプ」(集英社WEB)で隔週木曜日に連載中の漫画「メシ鉄!!!」。9月19日に発売される電子書籍・第1巻に合わせて、表紙にも描いた「シウマイ弁当」の登場する第4話を丸ごと公開します。

小さな旅で出合う食の楽しみ

この連載の記事一覧はこちら

駅弁、駅そば、駅ごはん。それらを食べつつの鉄道旅、それが「メシ鉄!!!」

この漫画の主人公、北山みずほ(26歳)は、そういうものにまったく興味がなかったOL。そんな彼女がふとしたきっかけで、旅のすばらしさに気づきはじめます。

おいしい駅弁やすばらしい景色……日常からさほど離れていない小さな旅に出掛けつつ、成長していく。あなたにとって、旅とは?

「メシ鉄!!!」は、7月にエッセイ漫画『おんな鉄道ひとり旅』(7月9日付記事で第1話を掲載)を刊行した筆者・YASCORN(やすこーん)が、自身のエッセイとはまたひと味違う、新たな目線で描く旅グルメ漫画です。第1巻は描き下ろしも含めた全14話。主人公みずほと共に、14回分の「メシ鉄!!!」旅にお出掛けください。

次ページ「シウマイ弁当」を買ったあとは…
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • コロナ後を生き抜く
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT