「全国の駅弁を売る店」が東京駅にあるワケ

使命は「地方の駅弁業者を元気にすること」

多くの人でにぎわう「駅弁屋 祭」(筆者撮影)

東京駅の中央通路を歩くと、つねに多くの人だかりができている店がある。その名は「駅弁屋 祭」。入ったことがない人ならば「東京駅に駅弁を売っているところはいくつもあるのに、なぜこんなに人が?」と思うかもしれない。

ここは、日本各地の駅弁が集められた「駅弁のアンテナショップ」。東日本エリアどころか、北陸や九州の駅弁もずらりと並ぶ。それゆえに名物駅弁を求めて多くの人がやってくるのだが、なぜ、東京駅にこのような店がつくられたのだろうか。

駅弁の灯を絶やさないために

「駅弁屋 祭」ができる前、東京駅には東日本エリアの駅弁を集めて販売する「駅弁屋 旨囲門(うまいもん)」という店が存在した。全国各地の駅弁を常時販売する店ができたのは、かつて年に2回駅弁大会を開いた結果、「駅弁がハレの需要として売り上げが立つことがわかった」ことが理由だと、日本レストランエンタプライズBento事業本部駅弁営業企画部副部長の倉持幸司さんは言う。

年々、駅弁を製造・販売する業者は減っている。駅弁業者はピーク時には400あったものの、電車のスピードアップによって車内で過ごす時間が減ったり、コンビニが全国に普及したりして駅弁業者は減っていった。現在は100を切っているという。「日本の食文化である駅弁の灯を絶やしてはいけない」(倉持さん)。そんな思いで、全国の駅弁を集めた「駅弁屋 祭」がつくられることになった。

次ページ地方の駅弁業者を元気にする
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 中原圭介の未来予想図
  • 男性学・田中俊之のお悩み相談室
  • トクを積む習慣
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
背水のフジテレビ<br>500日の苦闘

日枝会長が退き宮内新体制が発足してから1年半。増益に転じたが視聴率は低迷を続ける。長寿番組の打ち切りが象徴する大胆な編成改革に加え、組織もコストも抜本的に見直した。背水の陣を敷く同社の人間ドラマを追う。