JR我孫子駅名物「唐揚げそば」に隠された秘密

山下清ゆかりの「弥生軒」人気メニュー

このボリュームはほかに類を見ない。肝心のそばがほぼ見えないが、唐揚げの下に確実にいる

JR我孫子駅ホームにある駅そば・弥生軒の「唐揚げそば」をご存知だろうか。特に鉄道好きの間では有名で、どの人からも「一度は食べろ」と勧められる。そばが見えないほどの唐揚げが載り、なかなかのボリュームだ。

弥生軒はかつて、画家の山下清さんが働いていた店でもあるという。タンクトップに半ズボンで、お蕎麦をチャッチャッと湯切りしていたのであろうか。

気になった私は、常磐線に乗り込んで我孫子駅へと向かった。

駅そばに一人で入れる?入れない?

駅そばは、かつて私にとっては敷居の高い場所だった。

「一人で駅そばに入れるか?」

最近若い女性に会う度に質問してみたら、答えは半々。「入れる」と答えた人は全体に地方出身者が多く、高校生くらいから学校帰りに友達と、もしくは一人で列車を待つ時間や、おやつがわりに食べていたとのこと。駅そば自体が友達との社交場でもあり、生活の場として深く根付いていたようだ。

逆に「入れない」と答えた人は、首都圏近郊出身者が多く、駅そばに馴染みがないようだ。なんとなく納得がいく。理由を聞くと「立ち食いがイヤ」「美味しくない」「システムがわからない」などを挙げる人が多かった。

私が昔、駅そばに入れなかった理由は「スピード」だ。食券を渡してからお蕎麦が提供され、食べてお店を出るまで、早い人であれば3分くらいなのではないだろうか。そのリズムにうまく乗れるのだろうか。モタモタ食べていて怒られないだろうか。

これは、大縄跳びに飛び込むタイミングがなかなか測れないのと似ている。思い起こせば昔から大縄跳びはヘタクソだった。

そんなことを考えているうちに、我孫子駅に到着した。

次ページ駅そばはここでも友達との社交場
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • トクを積む習慣
  • iPhoneの裏技
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中国を知り尽くす異能の外交<br>官 垂秀夫 新中国大使

中国に幅広い人脈を持ち、アグレッシブな仕事ぶりで知られてきた垂秀夫・在中国大使。世界情勢が激動する中で国力差が開く日中関係をどう舵取りするのでしょうか。中国が最も恐れる男が日中関係のリアリズムを語ります。

東洋経済education×ICT