駅のホームと車内を「酒場」にした京阪の思惑

中之島線の知名度向上と利用増につながる?

京阪中之島線の中之島駅で開かれている「ホーム酒場」。駅ホームと電車内が酒場に変身した

ビジネス街の地下駅が「酒場」に変身――。大阪市の中心部、中之島(同市北区)に位置する京阪電鉄中之島線の終点、中之島駅で6月22日夕方から、ホームと電車内でお酒やおでん、ラーメンなどが楽しめる「中之島駅ホーム酒場」が4日間の日程でスタートした。

期間限定の「酒場」となった同駅の3番線ホームは、6月の雨が降りしきる人影まばらな夜のビル街とは対照的に、仕事帰りの人々や沿線外からわざわざ訪れた人々で大賑わいに。日ごろ見慣れた通勤電車の車内にはカウンターやテーブルはもちろんのこと、座敷とちゃぶ台まで設けられ、駅のホームはさながらお祭りのような空間に変身した。

通勤電車の中でちょっと一杯

電車内や駅ホームという日常的な場所でお酒を楽しむという「非日常」の体験が人々の心を開放的にさせるのか、車内では見知らぬ人同士の会話も弾む。「妻の誕生日の記念に」と、阪神電鉄の沿線から夫婦で来たという70代の男性は「電車の中で話をするような感じで、若い人とも話が盛り上がって楽しいな」と、4杯目の生ビールを片手に上機嫌。ちゃぶ台で食事を楽しんでいた家族連れも「電車の中のお座敷なんて楽しい」と笑顔だ。

同社ではこれまでも、走る電車内で日本酒を楽しむ「日本酒電車」などのイベントを実施してきた。だが、事前予約制のイベント列車ではなく、駅のホームと停車している電車を会場に、当日ふらりと立ち寄ってお酒を楽しめる企画は今回が初めて。「普通の飲み屋さんのように、好きな時間に来ることができるイベントにしたかった」と、企画を担当した京阪ホールディングス経営統括室・事業推進担当課長の吉城寿栄さんはいう。

次ページ車内に現れた「昭和レトロ」空間
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 東京「夢見る女子」の生態
  • コロナショックの大波紋
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
広告大乱戦<br>デジタル化で進む“下克上”

「ついに」か「ようやく」か。ネット広告費が初めてテレビ広告費を超えました。デジタル化の大波の中で、広告業界は“異種格闘技戦”の時代に。グーグルと組んで購買につながる広告商品を生み出したマツモトキヨシなど、激変期の最先端事例を紹介します。