乗れたらラッキー!「レアな通勤電車」10選

高級シートや凝ったデザインで通勤を楽しく

今のところ1本だけしか走っていない山手線の新型車輌E235系(筆者撮影)

無味乾燥と思われている通勤電車にも、最近は秀逸なデザイン、洒落た車内インテリアなどでアピールする魅力的な車両が増えてきた。とはいえ、一般的な車両に混じって走っているものもあり、乗り合わせるのは偶然によることも多い。

そんな、「乗れたらラッキー」と思わせる快適な通勤電車を首都圏を中心にピックアップしてみた――。

まだ1本だけ!首都圏の新たな顔

この連載の記事一覧はこちら
1) JR山手線の新顔、E235系

2015年11月より運転を開始したJR山手線の新型車両。デビュー早々に次世代車両制御システムINTEROSの不具合で故障し、がっかりさせたが、2016年3月の再デビュー後は、順調に走っている。先日、2017年春からの量産車投入も発表された

その特異な風貌もさることながら、車内に設置されたデジタルサイネージ(電子看板)がユニークで、3つの連続した画面を使った動画など見ているだけで退屈しない。また各車両の車端部にあるフリースペースも床の塗装が目立つ。とりあえず1編成のみの運行なので、出会えたらラッキーといえる。

2)ネイビーブルーが目印、相鉄9000系リニューアル車

相模鉄道が2016年春より運転を開始した9000系のリニューアル車は、YOKOHAMA NAVYBLUEの新塗装で注目を集めている。車内も、昼と夜で色調が変化する調光機能付きの照明が画期的であるとともに、10両編成のうち2両(5号車と8号車)あるセミクロスシート車の向かい合せの4人掛けボックス席をイギリスのスコットランド製の本革クロスシートとした。

とりあえず1編成だけだが、2016年度中にさらに2編成リニューアル。順次増やしていくとの話だ。まだまだ、地域限定の路線だが、2018年以降にはJRや東横線との直通運転により、都心への乗入れが予定されている。首都圏では大々的に注目を浴びる車両となる日も近づいている。

次ページ座れればラッキーな電車はこれだ
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。