相鉄、ネイビーブルーで挑むメジャーへの道

初の都心乗り入れで「選ばれる沿線」目指す

相鉄グループの「デザインブランドアッププロジェクト」でネイビーブルー1色の塗装にリニューアルされる9000系電車。2016年春からデビューする(写真提供:相鉄)

シルバーにブルーとオレンジのラインが入った現在のデザインから、「YOKOHAMA NAVYBLUE(ヨコハマネイビーブルー)」と名づけられた深みのある紺一色へ。神奈川県の大手私鉄、相模鉄道(相鉄)はグループ創立100周年を迎える2017年を前に、2016年春から電車のデザインを一新していく。

実は、相鉄が電車のカラーリングを変更するのはそれほど久しぶりではない。相鉄グループのカラーであるブルーとオレンジのデザインが導入されたのは2007年で、従来の塗装から現行デザインへの統一が図られてからまだ日は浅い。

だが、今回のデザイン変更は単なるイメージチェンジではない。「相鉄をメジャーにする」という狙いのもとに、グループのブランド戦略の柱を担っているのだ。

東京都心へのルート開ける

相鉄ホールディングスを持株会社とする29社からなる相鉄グループは、横浜を拠点に、神奈川県内に計38.1kmの路線を運行する相模鉄道をはじめ、横浜駅西口周辺の開発や不動産業など、神奈川県を基盤として事業を展開している。

沿線住民以外にも、横浜駅西口の商業施設「相鉄ジョイナス」や、沿線の二俣川に運転免許試験場があることなどから同県内での認知度は高いが、関東地方の大手私鉄で唯一東京都内に乗り入れていないことから、都内での認知度は低いのが現状だ。

だが、これから相鉄は大きな変化の時期を迎える。グループ創立100周年2017年に迎えるほか、2018年度にはJRに乗り入れる「相鉄・JR直通線」、翌2019年度には新横浜を経て日吉から東急線に乗り入れる「相鉄・東急直通線」が開業する予定で、東京都心へのルートが一気に開けることになる。

その際に、これまで課題だった相鉄グループの認知度を上げるための看板となるのが、ネイビーブルーの新しい塗装をまとった電車だ。

次ページ一目で違いがわかる車両に
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 看取り士という仕事
  • 就職四季報プラスワン
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT