きゃりーとコラボ!西武鉄道「ハジけた」理由

堅いイメージの社風が「攻め」へ大転換

6月4日から運行を開始した西武鉄道の「SEIBU KPP TRAIN」。きゃりーぱみゅぱみゅさんとのコラボ企画だ

黄色や銀色の電車の中に突如現れた、鮮やかなショッキングピンクの電車。西武鉄道に6月4日から登場した「SEIBU KPP TRAIN」だ。

「KPP」とは、2011年にデビューし、今や日本だけでなく海外でも「カワイイ」カルチャーの象徴として人気を集める歌手、きゃりーぱみゅぱみゅさんのこと。ピンク色に彩られた10両編成の電車は、車両ごとに「PON PON PON」「つけまつける」など、きゃりーさんのヒット曲をテーマにしたラッピングが施され、車内もそれぞれの楽曲にちなんで装飾した。電車内でおなじみの「ドアに注意」や「携帯電話はマナーモードに」といった注意書きのステッカーもきゃりーさんを描いたオリジナルのデザインだ。

車内も外観も「きゃりー色」に

画像を拡大
出発式のセレモニーで「出発進行!」のポーズをとるきゃりーぱみゅぱみゅさん(左)と西武鉄道の後藤高志会長

KPP TRAINは、きゃりーさんのデビュー5周年と、ここ数年続いた会社創立や路線開業などの100周年記念イベント「西武鉄道100年アニバーサリー」を終え、節目を越えた西武とのコラボ企画として実現。西武沿線の田無(西東京市)出身というきゃりーさんは、運行初日のイベントで「ゆかりのある電車が『わたし色』に染まっていてとってもうれしいなと思いました」と笑顔で語った。

西武は今回のKPP TRAINをはじめ、2015年には車内にDJブースなどを設置し、クラブイベントと連携した「ageHa TRAIN」や、アートディレクターの増田セバスチャン氏を起用した車両のラッピングなどを行い、車内でライブやパレードなどを行ったハロウィンのイベント「SEIBU HALLOWEEN 2015 in NERIMA」など、一般的に「堅い」と思われがちな鉄道会社のイメージを覆すイベントをここ数年次々と打ち出し、「『攻め』の西武」のイメージが広がりつつある。仕掛けているのは、同社運輸部の「スマイル&スマイル室」だ。

次ページ沿線を自慢できる「ど派手」さを
関連記事
トピックボードAD
  • グローバルアイ
  • 湯浅卓「トランプ政権の真実」
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
携帯料金は4割下がる?<br>「高い」の根拠を徹底検証

菅官房長官の「4割下げられる」発言の数値的根拠は正当か? やり玉に挙がるキャリア3社の携帯通信料金の解明に担当記者が挑む。結論は「高いとはいえないが、キャリアは儲けすぎ」。取られすぎと感じる人必読の渾身リポート。