JR我孫子駅名物「唐揚げそば」に隠された秘密

山下清ゆかりの「弥生軒」人気メニュー

――1日にどれくらいの量を作るんですか?

「お蕎麦は4軒合計で1日1000杯くらい、うどんと合わせると1500杯くらいでしょうか。唐揚げは1日1500個くらいです。多い日は2000個出る時もあります」

――そんなに!唐揚げのあの重さを考えると、フライヤーを持つ手が腱鞘炎になりそうです。

実際に工場を見学させていただいた。鶏肉は下味をつけ、大きなフライヤー3台で一度に大量に揚げている

「お蕎麦の数は従業員に任せていますが、唐揚げの個数は毎日私が決めています。金曜日や給料日後はやはり出るので、今日は多めにしようとか。やはり大量に余ると私自身がすごくがっかりしますので、そこは責任持って自分で決めようと」

――売れる時間帯はお昼頃ですか?

「そうとは限りません。朝と夜で売れる場所も違うんですよ。朝は4番線に成田線が入ってきます。快速を待って、上りの上野方面に乗り換えて都内に通勤される方が多いので、午前中は4・5番線ホームにある店が混みます。夕方以降は帰って来られる方が乗る成田線が1・2番線に停車します。停車時間がある程度あるので、その間に召し上がっていただける。なので4・5番線ホームの店は平日は18時半まで、1・2番線の水戸方面側の店は23時、ここ6号店は23時45分までやっています」

――なるほど、そういう事情で営業時間が違うんですね。そういえば、こちらが1・2番線で隣のホームが4・5番線ですよね。階段の表示には3番線がないのですが、我孫子駅に3番線ホームは…?

「実はあるんですよ! 2番線と4番線の間にある線路、あちらが3番線です。ほぼ回送と貨物列車しか走りませんが、存在しています」

5年間住み込みで働いていた山下清

――ところで山下清さんがこちらで働いていたそうですね?6号店にある「ぼくがはたらいていた弥生軒のおそばおいしいよ 山下清」という看板を見て知ったんですが。

山下清画伯の絵を元に作ったお弁当の掛け紙。昭和20年当時の我孫子駅の夏の風景らしい。当時はSLが走り、お弁当も立売で売っていたとのこと。こちらは2008(平成20)年に京王駅弁大会で販売された復刻弁当のもの

「はい。とはいっても清さんが蕎麦を打っていたわけではありません(笑)。先ほどお話しました弁当屋をやっていた頃の話です。弥生軒は昭和3年に創業し、我孫子駅構内での弁当販売をしていました。清さんは昭和17年から5年間、住み込みで働いていたようです。行商の方に『弥生軒に行けば、お米があるよ』と言われて来たと聞きました。弁当屋だったので、確かに食いっぱぐれることはなかったようです」

当時は戦時中で食べ物がない時代。まさに助け合いの精神で、初代社長(植崎社長の祖父)は「来る者拒まず」と、すぐ受け入れたそうである。清さんは手先が器用で、弁当のレッテルを貼ったり紐でしばったりなど、細かい作業をしていたとのことだ。

次ページ半年ごとに放浪の旅へ
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • インフレが日本を救う
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショック、企業の針路
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。