ホームでギョーザ、「幻の3番線」で食べる喜び 両国駅で期間限定「ギョーザステーション」

✎ 1〜 ✎ 20 ✎ 21 ✎ 22 ✎ 最新
拡大
縮小
両国駅1・2番ホームから見た「ギョーザステーション」。幻の3番ホームで開催されている(筆者撮影)

先日「ホームで焼き肉!」と題して駅のホームで食べるジンギスカンの記事を掲載した。今回は「ホームでギョーザ!」と題して、両国駅ホームで食べるギョーザについて取り上げようと思う。

「ホームでギョーザ」、すでにあちこちのメディアやSNSで話題となっているので、どんな様子かご存じの方も多いだろう。

簡単に説明すると、味の素冷凍食品「ギョーザ」が発売45周年を迎え、特別企画として、JR両国駅3番ホーム上に、期間限定でこのギョーザを焼いて食べられる店舗をオープンしたのである。

もちろん私もニュースなどで見知っていたが、2時間待ちと聞いて断念していた。ところが突然知り合いから「明日、両国のギョーザステーションに行きませんか? 並んでおくので17時までに来てもらえれば大丈夫です」という、神か!?と思えるようなお誘いをいただいたのだ。

そして、もちろん誘いに乗った。

ホームにずらりと並ぶ提灯

この連載の記事一覧はこちら

総武線の両国駅ホームに17時前に降り立つと、下に見える3番ホームにはずらりと提灯が並んでおり、スタッフさんが忙しそうに準備をしているのが見えた。「ギョーザステーション」と書かれた大きな看板も見える。

両国駅で通常使われるホームは1・2番線のみ。会場のある一段下がった3番ホームは、かつて定期旅客列車の発着ホームとして使われていたが、1988年に使用を終了した。その後、定期列車としては新聞輸送列車が3番ホームを使用していたが、それも2010年3月で終了し、今では通常は入場することができない「幻の3番線」と言われるホームとなった。

次ページ「幻の3番線」に今回もワクワク
関連記事
トピックボードAD
鉄道最前線の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
倒産急増か「外食ゾンビ企業」がついに迎える危機
倒産急増か「外食ゾンビ企業」がついに迎える危機
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
猛追のペイペイ、楽天経済圏に迫る「首位陥落」の現実味
猛追のペイペイ、楽天経済圏に迫る「首位陥落」の現実味
ホンダディーラー「2000店維持」が簡単でない事情
ホンダディーラー「2000店維持」が簡単でない事情
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT