笑ってさよなら、ロマンスカー「LSE」最後の日

お別れムードと思いきや車内はお祭りだった

LSEラストランツアーに話を戻す。

最後の上り運転を担当した運転士の下村謙治さん。乗客から花束が贈られた(筆者撮影)

引込線にいたLSEは再び動き出し、終着駅の秦野に到着。いよいよ本当にお別れだ。

乗客が全員降りた後、運転士さんは最後に窓を開けて手を振り、警笛を鳴らして列車をゆっくりと車両基地へ向けて発車させた。ホームにいた乗客たちが口々に声をかけた。

「38年間、ありがとう~!」

「おつかれさまでした!」

「LSE、バンザーイ!」

その去っていく姿に自然と拍手が沸き起こる。とても熱い時間がついに終わった。

開成駅にはNSEの姿

秦野駅に来たのは初めてだった。ふと、ここから開成駅は近いと気づき、まだ余韻に浸っていたかった私は、同じく行ったことのない開成駅を目指した。

小田急線開成駅東口すぐにいるロマンスカーNSE(3100形)の「ロンちゃん」(筆者撮影)

各駅停車で3駅、ホームからも目の前に見えるが、東口に降り立つと、そこには先日勝島さんに見せていただいた写真と同じ、ロマンスカーNSE(3100形)の先頭車両が鎮座していた。2002年に付けられた愛称は「ロンちゃん」。小田急電鉄が譲渡し、月に2回ほど車内を公開しているらしい。ロンちゃんの周りでは、子どもたちが鬼ごっこをしていた。にぎやかな声に囲まれて、第2の人生を幸せに過ごしているようだった。

LSEは2021年、海老名駅の隣にオープン予定のロマンスカーミュージアムでまた会える。その時は歴代のロマンスカーたちが一堂に会し、まるで同窓会のようであるに違いない。そして集う人々も、ロマンスカーを通じて旧交を温めることになるのかもしれない。

そこにはきっと勝島さんの姿もあるだろう。ラストランツアーには、かつてLSE車内でプロポーズして結婚し、久しぶりに乗車しにきたご夫婦もいた。人と人、そして思い出を乗せて走るロマンスカーは、この先もずっと愛される存在のままだ。

次ページ漫画「モッタイナイ警報発令中」
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • iPhoneの裏技
  • 埼玉のナゾ
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。