笑ってさよなら、ロマンスカー「LSE」最後の日

お別れムードと思いきや車内はお祭りだった

ところで小田原駅といえば、小田原駅―箱根湯本駅区間を特急料金200円でロマンスカーに乗れるのはご存じだろうか。もちろんそれ以外に乗車券も必要だが、この区間のみなら、憧れの展望席に乗車できる可能性が大いにある。当日に限るが、ロマンスカーが満席でない場合、特急券を買って、空いている好きな座席に座ることができるのだ。

ホームには特急券を売る駅係員さんがつねにいる。その方に声をかけて紙の特急券を買い、展望席のいちばん前に座って箱根湯本までの20分間を楽しむ……なんてことを特にLSEの展望席でよくやった。前展望が難しそうなときは、後ろ展望がおすすめだ。

小田原駅で特急券を販売していた勝島伸佳さん。この日がちょうど引退する日だった(筆者撮影)

話は1カ月前のビール列車にさかのぼる。ビール列車の時はこの小田原駅で解散だった。LSEが回送となり見送ったあと、箱根に行こうか迷い、近くにいた駅係員の方に特急券があるのか聞こうとすると、振り向いたその手には花束があった。駅係員の名前は勝島伸佳さん。勝島さんは長年、小田急電鉄で運転士として働き、定年後は箱根登山鉄道で特急券販売の仕事などをしていた。

「今日が最後の勤務」

「実は今日が私の最後の勤務日なんですよ」

なんと今日は、偶然にも勝島さんの引退の日でもあった。てっきりLSEのラストランツアーに合わせてのことかと思ったが、それについてはまったく知らなかったそう。「勤務日最後に見ることができてよかった」と話していた。

そして勝島さんが大事そうに取り出し見せてくれたのは、かつて運転士をしていた時代の写真。3100形のNSE車前で、若かりし頃の勝島さんを取り囲む制服を着た女子高生たち。どうやら修学旅行生と一緒に写した写真のようだ。

「ハンサムですね。さぞかしモテたのではないですか?」と聞くと、「ははは」と笑いながら写真をしまった。

そこへ女性駅員さんが「お疲れさまでした」と言いながらプレゼントを渡しにきた。ロマンスカーに乗務しているアテンダントの女性も停車中に勝島さんに声をかける。どうやらいまだに女性に人気らしい。

それをニコニコと見ている、笑顔のかわいい女の子がそばに立っていた。聞くと勝島さんのお孫さんだという。お祖父さんの最後の勤務姿を見に来たとのこと。

その人気ぶりと最後の勤務の姿にLSEが重なって、胸が熱くなる。「まだまだお元気と思いますが……引退されるのですか?」と聞くと、「もう十分働きましたよ」と答えが返ってきた。

次ページ開成駅の「ロンちゃん」に会ってきた
関連記事
トピックボードAD
鉄道最前線の人気記事
  • iPhoneの裏技
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 会社を変える人材開発の極意
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地方反撃 <br>「稼ぐ街」は何が違うのか

政府が地方創生を掲げてから4年半。地方の人口減は止まらず、地方経済は衰退している。地方創生には何が必要か?地域活性化に成功している街を徹底的に分析、再生のための具体的な処方箋を探る。自治体や街づくりの関係者にはアイデア満載の特集。