吉祥寺は「勝ちにこだわらない」人の桃源郷だ

恵比寿に住みたい人とはビミョーに相容れず

「住みたい街」として人気の吉祥寺。一体、どんな人が住みたいのでしょうか(写真は東京・武蔵野市の井の頭公園。撮影:著者)

よく吉祥寺は住みたい街ナンバーワンだといわれますが、あなたはそう思いますか?確かにそうだという人もいるでしょう。いや、おしゃれな街もいいけれど、いざ住むとなると、もっと庶民的な街の方が気が楽だ、という意見もあるでしょう。

そこで私は、今皆さんが本当に住みたいと思っている街を調べるために、2016年6月にある調査をしました。東京、千葉、埼玉、神奈川に住む20代から40代の男女1500人に「あなたが今までに一度は行ったことがある(住んだことがある)街の中で、今後(も)住みたいと思う街はどこですか。以下の首都圏の街の中から、いくつでも選んでください。なお、その住みたい街にすでに住んでいる場合も選んでください」という質問をしたのです。選択肢となる街は107あります。さて、結果はどうだったか。そのポイントを、今回から3回に分けて、紹介していきます。

「吉祥寺に住みたい」のはいったいどんな人?

その第1回目として分析したいのは、吉祥寺に住みたいのはどのような人なのか、ということです。リクルートが毎年行っている住みたい街ランキングでは、ここ数年ずっと吉祥寺が1位でしたが、昨年恵比寿が1位となり、吉祥寺は2位に落ちました。まあ、わずかな差でしょうが。今回私が行った調査でも、総合ランキングのベスト3が吉祥寺、4位に恵比寿と、ともに上位に入っています。では、共に人気の高い吉祥寺と恵比寿では、住みたい人のタイプは異なるのでしょうか。さまざまな視点から見ていきましょう。

次ページ独身の正社員女子が住みたいのはどこ?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 買わない生活
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大乱世の思想ガイド<br>マルクスvs.ケインズ

戦後社会の信念とイデオロギーが崩れ落ちる今、危機を乗り越えるための思想が必要です。脱経済成長を旗印に支持を広げる新マルクス主義とコロナ禍で完全復活したケインズ主義を軸に、大思想家が残した知恵を学び直します。

東洋経済education×ICT