アラサー女子が副業に「スナック」を選ぶ真意

「人と話せておカネにもなるって、最高です」

30代前後の女性の中に、スナックのママをやりたいという人が出てきている。いったいなぜだろう(撮影:尾形文繁)

最近はスナックブームだと言われる。

この連載の一覧はこちら

スナックに行きたい、行くのが好きだという30代男性が増えているようであり、また、スナックに勤めたいという若い女性も増えている。私の周りにも実際にそういう男女は少なくない。そこで、30歳前後の女性がママとして働くスナックに潜入してみた。

西荻窪のスナックで月2、3回だけのママ

あさみさんは28歳。2年前の転職を機に、JR中央線西荻窪駅近くのスナックで月に2、3度だけママをしている。この店は、日替わりで店長が替わる仕組みであり、いわば1つの店を数人でシェアするのだ。男性が店長の日もあるが、たいていは女性のママだ。

西荻窪のスナックで月数回ママをやるあさみさん。カウンターに立つ理由を「一日の最後に人として話して終わりたい」と語る(筆者撮影)

スナックといっても、カラオケはなく、業態としてはバーだが、本物のバーテンダーがお酒を出すわけではないので、事実上スナック、といったたぐいの店である。

「私は人とコミュニケーションをするのが好きなので、おカネをもらいながらストレス解消している感じですね」とあさみさんは言う。

仕事は渋谷方面。もともと西荻窪に住んでいたが、その会社に転職したことなどが理由で自宅も渋谷方面に引っ越した。だから毎月わざわざスナックのために夜、西荻にやってくるのだ。

「一日の最後に、私は、人と話して終わりたいんですよね。女性って特にそうだと思うけど、男性も、家のある駅まで着いても、駅前でちょっと引っかけて、ママやマスターと話してから帰りたいってことは昔からあるでしょ。そういうのをサードプレースっていうらしいですが」

次ページチェーンの居酒屋には何の魅力も感じない
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT