北千住は「高卒正社員女性」に人気の街だった

「住みたい街」は、学歴によって大きく変わる

学歴別に住みたい街を調べてみると、高卒で正社員の女性が住みたい街第1位は、北千住でした(写真:rahmananda / PIXTA)

住宅情報サイト「SUUMO」を筆頭に、さまざまなところから発表されている住みたい街ランキング。ただ、一概に“住みたい街”といっても、回答者の属性――学歴、年収、趣味など――によって傾向は変わってくるのではないか。

こうした疑問から、本連載でも以前から取り上げている「住みたい街調査」を、その後も多角的に集計している。

※これまでの「住みたい街調査」関連記事はコチラ
吉祥寺は「勝ちにこだわらない」人の桃源郷だ
西荻窪が「30代おひとり様」を惹きつける理由
秋葉原が30代男性「住みたい街NO.1」の衝撃

 

この調査は、三菱総合研究所が毎年行っている3万人調査「生活者市場予測システム」への追加調査として行ったもので(1都3県在住の20~40代男女1500人)、約2000の質問とのクロス集計が可能である。回答者の基本情報に関する質問だけでも100問以上あり、性別、年齢、学歴、年収、世帯類型、就業状況、雇用形態、住宅所有関係などさまざまな角度から集計ができるし、かつ簡単にクロス集計ができるのが大きなメリットである。

「住みたい街」は、学歴によって違う

この連載の一覧はこちら

今回、学歴を入れた集計をすると、住みたい街に大きく差が出てくることがわかった。

具体的に見ていこう。まず、4年制大学卒の男性が住みたい街は、1位が吉祥寺、2位が鎌倉、3位が新宿などとなり、7位に武蔵小杉が入るなど、一般的な住みたい街ランキングとよく似ている。

次ページ高卒男性の住みたい街は?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 親という「業」
  • コロナ後を生き抜く
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT