北千住は「高卒正社員女性」に人気の街だった

「住みたい街」は、学歴によって大きく変わる

学歴別に住みたい街を調べてみると、高卒で正社員の女性が住みたい街第1位は、北千住でした(写真:rahmananda / PIXTA)

住宅情報サイト「SUUMO」を筆頭に、さまざまなところから発表されている住みたい街ランキング。ただ、一概に“住みたい街”といっても、回答者の属性――学歴、年収、趣味など――によって傾向は変わってくるのではないか。

こうした疑問から、本連載でも以前から取り上げている「住みたい街調査」を、その後も多角的に集計している。

※これまでの「住みたい街調査」関連記事はコチラ
吉祥寺は「勝ちにこだわらない」人の桃源郷だ
西荻窪が「30代おひとり様」を惹きつける理由
秋葉原が30代男性「住みたい街NO.1」の衝撃

 

この調査は、三菱総合研究所が毎年行っている3万人調査「生活者市場予測システム」への追加調査として行ったもので(1都3県在住の20~40代男女1500人)、約2000の質問とのクロス集計が可能である。回答者の基本情報に関する質問だけでも100問以上あり、性別、年齢、学歴、年収、世帯類型、就業状況、雇用形態、住宅所有関係などさまざまな角度から集計ができるし、かつ簡単にクロス集計ができるのが大きなメリットである。

「住みたい街」は、学歴によって違う

この連載の一覧はこちら

今回、学歴を入れた集計をすると、住みたい街に大きく差が出てくることがわかった。

具体的に見ていこう。まず、4年制大学卒の男性が住みたい街は、1位が吉祥寺、2位が鎌倉、3位が新宿などとなり、7位に武蔵小杉が入るなど、一般的な住みたい街ランキングとよく似ている。

次ページ高卒男性の住みたい街は?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT