中央区は「35歳以上未婚女子」が集う街だった

「働く女子たち」は東京の街を変えるのか?

中央区では、35歳以上の年齢で未婚男性よりも未婚女性の数が多くなる (写真:wmt / PIXTA)

過去30年ほどの日本の人口動態で一貫して進んできたのは、言うまでもなく「未婚化」「晩婚化」である。

しかし、2016年10月末に発表された2015年の国勢調査を見ると、晩婚化の傾向は止まりつつあるようである。全国で見ても東京都で見ても、男女ともに30代前半の未婚率は2010年時点からほとんど増えていないからだ。

30代の未婚化は止まった?

この連載の一覧はこちら

たしかに、20代の未婚化はまだ進んでいるし、40歳以上でも拡大している。ただ40代以上の未婚化の拡大は、これまで未婚のまま暮らしてきた人々がそのまま年をとっただけのこと。

が、30代の未婚化については、止まったように見えるのだ。言い換えると、20代までは独身暮らしを楽しみ、30歳を過ぎると一気に結婚するという傾向になってきたのだろう。

未婚者の実数を年齢別に見ると、団塊ジュニアが40代になったことによって40代の未婚者が増加し、40代男性未婚者は2010年の212万人から2015年には252万人に増加、女性も124万人から160万人に増加している。

次ページ20代より多い!中高年の一人暮らし
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの指輪〜「本能と進化」から考える〜
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 御社のオタクを紹介してください
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>世界で戦える組織へ

成長を確実にする組織の根幹を成すのが、研究開発と人事である。研究開発体制は2015年4月、各研究所に横串を通し、顧客起点の組織に生まれ変わらせた。人事制度もグローバル化がほぼ完了。踊り場から飛躍へ、日立の地固めの様相を追う。