中央区は「35歳以上未婚女子」が集う街だった

「働く女子たち」は東京の街を変えるのか?

中央区では、35歳以上の年齢で未婚男性よりも未婚女性の数が多くなる (写真:wmt / PIXTA)

過去30年ほどの日本の人口動態で一貫して進んできたのは、言うまでもなく「未婚化」「晩婚化」である。

しかし、2016年10月末に発表された2015年の国勢調査を見ると、晩婚化の傾向は止まりつつあるようである。全国で見ても東京都で見ても、男女ともに30代前半の未婚率は2010年時点からほとんど増えていないからだ。

30代の未婚化は止まった?

この連載の一覧はこちら

たしかに、20代の未婚化はまだ進んでいるし、40歳以上でも拡大している。ただ40代以上の未婚化の拡大は、これまで未婚のまま暮らしてきた人々がそのまま年をとっただけのこと。

が、30代の未婚化については、止まったように見えるのだ。言い換えると、20代までは独身暮らしを楽しみ、30歳を過ぎると一気に結婚するという傾向になってきたのだろう。

未婚者の実数を年齢別に見ると、団塊ジュニアが40代になったことによって40代の未婚者が増加し、40代男性未婚者は2010年の212万人から2015年には252万人に増加、女性も124万人から160万人に増加している。

次ページ20代より多い!中高年の一人暮らし
関連記事
トピックボードAD
  • グローバルアイ
  • 湯浅卓「トランプ政権の真実」
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
トヨタとソフトバンク<br>入り乱れる異業種連携

「モビリティサービス会社に変わる」宣言をしたトヨタ自動車が、常に先を行くソフトバンクに頭を下げた。世界企業の合従連衡を1枚で表した「自動車・IT業界地図」に崩れる垣根が一目瞭然。