茨城県が1位!「ニッポン男余り現象」の正体

47都道府県「男余りランキング」一挙公開

未婚男性の数が未婚女性よりも多いという「男余り現象」。これは日本全国で見られますが、特に北関東ではそれが顕著なようです(写真:IYO / PIXTA)

男性の生涯未婚率が23.4%、女性は14.1%(配偶関係不詳を除く)――。

これは、10月末に発表された2015年の国勢調査確定値で明らかになった事実です。5年前の前回調査(男が20.1%、女が10.7%)と比較すると、男女ともに3%以上も上昇しており、過去最高です。

年代別に未婚率を見てみると、30代男性の未婚率だけ減少しています。特に35~39歳では、前回調査と比較して0.6ポイントも下がっています。しかし、20代と40代では男女ともに未婚率が相変わらず増え続けており、特に45歳以上の増加が顕著です。しかも、女性の場合は、20代~40代のすべての年代での上昇幅が男性よりも大きいのです。

つまり、20代のうちは、より結婚をしなくなる「晩婚化」が進行し、40代過ぎると今度は、もう結婚を諦めるという「非婚化」の方向にシフトしているといえます。

男性の生涯未婚率はナゼ女性の2倍も?

この連載の記事一覧はこちら

ところで、男性の生涯未婚率はなぜ女性の2倍もあるのだと思いますか?結婚は男女のマッチングです。有配偶人口は基本的に男女同数ですから、未婚人口もほぼ男女同数のはずだと思っていませんか?

それは大きな間違いです。未婚の男が余っているんです。それも相当な数。

そもそも、男子の出生率の方が高いのは、皆さんがご存知の通りです。そして、2015年の国際連合の推計によれば、世界の人口約73億人のうち、男性が50.4%、女性が49.6%で、ほぼ1%程度、実数にすると6000万人ほど男の人口の方が多いということになります。

ただ、日本の場合は、総人口1億2709万人に対して、男性6184万人、女性6525万人(2015年の国勢調査)となり、実は女性の方が多いのです。これは、女性の出生数が多いためではなく、女性の方が長生きだからです。

では、これを未婚者だけに限定して比較してみると、どうなるでしょうか。

次ページ300万人の男が「余って」いる
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 買わない生活
  • 財新
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT