茨城県が1位!「ニッポン男余り現象」の正体

47都道府県「男余りランキング」一挙公開

その中でも、未婚男性が余っている率が高い県のランキングを発表します。

「男余り」ランキング第1位は茨城県!

1位は茨城県の17.1%。2位は栃木県福島県が同率で17.0%、4位が群馬県の16.0%と続きます(小数点2位以下切り捨て。以下同じ)。

一方、男余り率が低い県はというと、1位は鹿児島県の1.0%2位は福岡県の2.9%3位は奈良県の3.3%と、男余り状態ではあるものの、そこまで顕著ではありません。

こうして見ると、男余り現象は、なぜか西日本より東日本の方に偏っています。特に関東地方は未婚男性が余りまくっています。一方で、九州地方は、全体的に男余りはそこまで深刻ではありません。そして、東京は、当然ながら未婚男性の絶対数が多いのですが、率にするとそれほど高くはありません。

次ページ北関東で男が余るのはナゼ?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ポストコロナの明るい社会保障改革
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の新教養<br>今こそ最強の武器を手に入れよ!

ピンチをチャンスに切り替えるためには、脳内メモリーのリフレッシュが必要です。知の巨人による9の講義と、在宅で自己研鑽するための独習術、そして今読むべき厳選書籍を紹介し、新常態にふさわしい知力を鍛え上げる62ページ大特集です。