最新「平均年収ランキング」トップ300

親よりも高給が取れる会社が狙い目!?

グローバルニッチのBtoBメーカーが満載

251位には就職先として根強い人気を誇るオリエンタルランドの名前が見える。平均年齢は43.4歳と意外に高い。つねにグリーと比較されるディー・エヌ・エーは278位、729万円。平均年齢は31.8歳とほぼ同じ。初任給は職種によって、年俸500万円、600万円以上と、下はグリーを上回る高水準だ。

このゾーンに来るとメーカーも多く、カネカ、JSR、ダイセル、サカタインクス、日本パーカライジングなど、個性的な製品を世界市場に供給する独立系の化学メーカーが目を引く。日本合成化学工業は三菱ケミカル系の機能性樹脂メーカーだ。

BtoBメーカーのため知名度を向上させるべく、積極的にテレビCMを打つ会社もあり、競争率も高まりそうだが、その中でCMをしないがゆえ知名度の低い会社はねらい目だろう。

自動車業界の一時金満額回答や、安倍首相による異例の賃上げ要請に反応する会社が出るなど、賃金情勢には明るい兆しも見えてきた。ただしそれはまだまだ一部の大企業の話で、そうした動きが中堅・中小企業に広がるのは先のことだ。さらに年収全体の明確な上昇基調にまで結び付くまでには遠い道のりとなろう。年収だけで会社を選ぶのは危険だが、年収を考えずに会社を選ぶのはさらに危険だ。総合的に会社を見て、悔いのない企業選択をしてほしい。

(撮影:尾形文繁)

就職四季報 中堅・中小企業版

「中小企業のホントの情報が欲しい!」という就活生の熱い要望にお応えして、『就職四季報』に新シリーズ「中堅・中小企業版」が誕生。『就職四季報』の看板指標「入社3年後離職率」「有休消化平均」「平均年収」を特別調査し、4000社すべてにおいて、2014年の採用予定人数を含めた3年間の「採用動向」、企業概要が一目でわかる「特色」を収録。「総合版」「女子版」に載っておらず、人事に直接聞けなかったあの会社のあの情報が初めて明らかに。

 

 

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT