最新「平均年収ランキング」トップ300

親よりも高給が取れる会社が狙い目!?

平均年齢にも注目

日本企業にも成果主義が浸透してきたとはいえ、年齢が高ければ年収も高くなるのは半ば当然。そのため、平均年収を見る場合は平均年齢も一緒に見るべきだ。さらに離職率や有休消化率までみれば、入社後のミスマッチも少なくできそうだが、ともに36歳台と平均年齢が低めながら50位台に入ってきたのが任天堂と飯野海運だ。

任天堂はゲームの新機種の立ち上がりが遅れたこともあり、足元の業績は苦戦。年収も2008年の981万円から下がっている。とはいえ、現在も高収益体質で好財務には変わりなく、今後もランキング上位は維持しそうだ。

飯野海運は創業110余年を数える老舗の海運会社だが、収益柱は東京・内幸町の一等地にある本社ビルだ。運営する「イイノホール」はコンサートなどで著名。2011年に建て替え工事が完成し、新本社ビルは来年には霞ケ関駅と直結予定で、着実に賃貸収入を稼ぎそうだ。

 

次ページ100位台にも子会社目立つ
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
  • 実践!伝わる英語トレーニング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT