最新「平均年収ランキング」トップ300

親よりも高給が取れる会社が狙い目!?

競争力は高め、総合ランキング上位

続いて、『就職四季報』シリーズの旗印「総合版」の平均年収ランキングをみてみよう。売り上げ1000億円程度を目安に、これを下回る規模の企業を掲載した「中堅・中小企業版」に比べ、「総合版」は結果的に大手を中心とし、両者のランキング対象企業は重複していない。

こちらでも、大手マスコミや総合商社に続いて、有力企業の子会社が並んだ。まず目につくのが、伊藤忠丸紅鉄鋼。伊藤忠商事と丸紅の鉄鋼部門が統合してできた専門商社だ。親会社同等の年収となっている。ランキングは全従業員ベースだが、同社の総合職のみの平均年収は1332万円と、当然ながらさらに高い。毎年10~20名を採用している「事務スタッフ」(いわゆる一般職)の待遇も期待できそうだ。

新日鉄住金のエンジニアリング部門子会社も30位に入った。国の内外で製鉄所や関連施設を造る事業で成長した企業で、世界でも引っ張りだこの日本の製鉄業の優れた環境技術を軸に、エネルギー分野も育っている。

 

次ページ平均年齢も注目
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT