米国流の"褒め重視"、ロシア流の"直球勝負"

あなたが多国籍チームのリーダーになったら…

宇宙という、死と隣り合わせの過酷な環境で、多国籍チームを率いるリーダーはどうあるべきか――。会社のリーダーに様々なタイプがいるように、知識や技量、経験、人望のすべてを備えたスーパーリーダーと思われがちな宇宙船の船長にも、実はさまざまなタイプが存在する。そして、船長の采配で仕事のしやすさやチームの雰囲気は大きく変わるのである。

日本人として初めてISS(国際宇宙ステーション)の船長になる若田光一(前回記事を参照)には、理想とする船長像がある。その1人は、かつてスペースシャトルで2回飛行したときの船長だった元NASA、ブライアン・ダフィー船長。仕事だけでなく「人生の師」と仰いでいる。どんなリーダーなのか。

前列中央が、ブライアン・ダフィー船長、後列左が若田光一飛行士
(出典:JAXA/NASA)

「一言で言えば、『リーダーを感じさせないリーダー』です。普段からメンバーが何を考えているか、業務の到達度はどうか、何気ない会話の中で把握して課題があればアドバイスをくれる。

大事な仕事を任せ、失敗してもカバーできるバックアップ態勢をさりげなく準備する。だからメンバーは難しい仕事を担当しても、周りから見ていると、その困難さを感じさせずにスムーズに仕事を終えてしまう。これはリーダーの極意ですね」(若田)。

ルーキーを育てる極意

ダフィー船長は、つねに静かな微笑みをたたえた穏やかな人物だ。若田は1996年の初飛行の際、新人ながら2つの人工衛星をロボットアームでつかみ、放出するという非常に難易度の高い仕事を任された。

ルーキー(新人)に大きな仕事を任せるため、ダフィー船長は訓練時にさまざまなトラブルの例を示しながら「こんな時どうする?」と繰り返し若田に聞き、理解度を把握したという。「まるで優しい親父が子供に尋ねるようでした」(若田)。

ルーキーに仕事を任せれば、時に失敗もするが、ダフィー船長はそんなときも決して落ち込ませない。「手順書を直したほうがいいね」など建設的なアドバイスをする。ダフィー船長のモットーは「Trust but Verify(信じるが確認せよ)」。

次ページ日本のエースの、地道な”社内営業”
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショックの大波紋
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ徹底検証<br>日本は第2波に耐えられるか

米国やブラジルでは新型コロナウイルスの感染拡大が続いていますが、日本は感染者も死者も圧倒的に少ない。その理由はいったいどこにあるのでしょうか。政策面、医療面から「第1波」との戦いを検証。「第2波」への適切な備え方を考えます。