就職するならコンサル? ベンチャー?

成長スピードが速いのはどちらか

何かにつけ不確実性の高い現代。一生安泰の仕事も、未来永劫つぶれない企業も存在しない。自分の仕事に明日があるのか――それをつねに考えておかないといけない時代だ。 この連載では、悩めるビジネスパーソンからのキャリア相談を募集。外資系金融、コンサル、ライブドア、企業再生コンサルなどを渡り歩き、数多くの業界やスタートアップに精通する塩野誠・経営共創基盤(IGPI)パートナーに、実践的なアドバイスをしてもらう。

ピークを迎える就活戦線。新卒時の決断が、人生を大きく左右する(撮影:今井康一)
 【Vol.6】就職するならコンサルですか? ベンチャーですか?
 初めまして。ただいま就職活動中の京都の大学生です。
 塩野さんの連載で、金融畑からの転職を考えている方の話など興味深く拝読しました。私もコンサルタントとしてキャリアを積もうかどうか考えていたところなので、質問させていただきました。
 キャリアの積み方として、ベンチャー企業とコンサルティングファームのどちらでいこうか迷っております。
 ベンチャー企業といっても社員数200人程度の中堅どころであり、成長曲線も1回目を終了し、2回目にいくための“溜め”の段階にある創業期から一皮向けたベンチャーたちを中心にみております。
 またコンサルも戦略系ではなく、戦略から実行までトータルでサービス提供するファームや、新規事業立案を主軸に置いた中小規模のファームを中心にみております。
 双方ともに共通して考えているのは、自分の成長速度をどれだけ上げられるか、成長角度をどれだけつけられるか、そしてそれらをどれだけ実現させられる環境にあるかの確度です(実は数年休学したため、年齢的に日系大手でキャリアを積むことに危機感を感じており、成長スピードを高められ、チャンスの多い環境でキャリアを積みたいと考えています)
 前例のない市場でもがきながら職能をつけ、その中で頭角を現してキャリアアップをして転職などを考えるのか、それともコンサルタントとして多種多様な業界をまたいで学び、企画立案などキャリアアップをした後で必要になる力をつけてから、同じコンサル業界や事業会社やベンチャーに転職すべきか。
 ベンチャーとコンサル、キャリアを積むときのそれぞれの注意点など含めて、ご意見いただけると幸いです。宜しくお願い致します。

起業がいちばん成長できる

こんにちは、ご質問を頂戴しありがとうございます。今回は学生の方が新卒で入社するのであれば、ベンチャー企業とコンサルティングファームではどちらが自分の成長のために良いのか、というご質問にお答えさせていただきます。

最初にお断りしておきますが、私がたまたま戦略系コンサルティングファーム、起業、成長段階にあるベンチャー企業を経験したことがあり、現在は戦略立案からエグゼキューション(実行)まで行うファームのパートナー(共同経営者)でもあるため、学生の方には少々きつく感じられる回答になるかと思います。

次ページ「おかしな人」になるリスク
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT