就職するならコンサル? ベンチャー?

成長スピードが速いのはどちらか

元来、コンサルタントがバリュー(付加価値)を出すためには、異なるセクターか異なる地域での知見を移動させることが基本でした。

たとえば、IT業界では当たり前のビジネス慣習をアパレル業界に提供したり、日本では当たり前の生産管理手法をインドネシアに導入したりするケースです。そのため、コンサルタントは関与するセクターが固定されると、業界に詳しい人として、ほどほどのバリューは出し続けられるかもしれませんが、新しい付加価値を他のセクターの知見から提供することは少なくなってしまうのです。

どの師匠につくかがすべて

質問者の方のおっしゃる「中小規模のファーム」がどのくらいの人数を指すのかはわかりませんが、大きなファームから独立した数名が経営するブティックはその人たちのキャラクターがすべてです。コンサルタントは「芸人」ですので、お座敷に呼ばれなければ何の意味もありませんし、1円も稼げません。その人たちの志が高ければすばらしいですし、そうでなければあまたある「街の何でもコンサル」と変わりはありません。

また、戦略から実行までを行うためにはある程度の企業規模とハイレベルなスキルが要求されます。小さなファームでは、いくつかのクライアントに戦略から実行まで提供できるチームを張り付けたら、それで稼働は100%となることしょう。そうしたファームで様々なセクターとテーマの経験ができるのでしょうか?

また、クライアントの求める「実行フェーズ」においては、戦略系コンサルタントの苦手とする資本政策・法務・税務といった知識も必要になってきます。たとえば海外進出プロジェクトの実行段階では、海外でジョイントベンチャーを設立したり、M&Aによって進出したりしますが、そこで必要なのは交渉力やリーガルマインドです。戦略系ファームではP/L(損益計算書)の営業利益部分までしか見ませんので、戦略がわかってその先の実行まで行える人材は非常に希有だといえます。

よく学生の方は企画や新規事業をやりたいと言いますが、こうした「事業開発」こそ、既存のビジネスモデルに対する深い知見や幅広い引き出しがなければ、クライアントの期待値を超えるアドバイスはできません。ここでも中小規模のファームであれば新人へのトレーニングはなかなかシステム化されていないので、どの師匠につくかがすべてとなります。

次ページ修行僧になるのもよし
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中高一貫校<br>子どもが幸せになる学校選び

中高一貫校人気が戻ってきたが、学校の選び方は変わりつつある。偏差値だけでない子ども本位の物差しだ。自主性重視か規律重視かなど4要素による「校風マトリックス」やランキングなど、独自の分析で子どもに合った学校が見えてくる。